SCORE CARDBACK NUMBER

高砂部屋の名ちゃんこ長、引退。朝青龍も喜んだ「秘伝の目分量」。

posted2020/10/27 07:00

 
高砂部屋の名ちゃんこ長、引退。朝青龍も喜んだ「秘伝の目分量」。<Number Web> photograph by Shoko Sato

特大ちゃんこを作る斉藤佳信さん。25年の相撲人生で最高位は三段目、9月場所の服部桜との一番が最後の土俵に

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

Shoko Sato

 大関・朝乃山の胃袋を支えてもいたベテランちゃんこ長が、先の9月場所を最後に土俵――ちゃんこ場を去った。先代高砂部屋(元小結・富士錦)に1995年に入門、'02年に当時の若松部屋と合併すると、新高砂親方となった元大関朝潮のもと、約17年間ちゃんこ場を任された元大子錦、斉藤佳信さん(43)のことだ。彼の手に掛かるとどんな料理でも美味しさが2倍になるような、190kg近い丸い体に、福々しいまでの丸っこい手。近年では、朝乃山の故郷・富山から続々と届くブリやタイなどを、まるで職人のような手つきで捌いていった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 651文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の再会~ラグビーW杯ベスト8から1年~

関連記事

相撲の前後の記事

ページトップ