相撲春秋BACK NUMBER

御嶽海の“ちゃんこの味”は自分流。
学生出身力士の大相撲革命なるか!?

posted2018/07/28 11:00

 
御嶽海の“ちゃんこの味”は自分流。学生出身力士の大相撲革命なるか!?<Number Web> photograph by Kyodo News

祝勝会場にて。写真中央は先代出羽海親方(元鷲羽山)。そして、フィリピン出身の母・大道マルガリータさんと握手する御嶽海。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 関脇・御嶽海が初賜杯を抱いた。

 2015年3月、幕下付出し10枚目格で初土俵を踏んだ、東洋大学出身の元学生横綱・元アマ横綱のエリート力士だ。

 優勝を決めた名古屋場所14日目、NHKのインタビュールームでは感極まり、25歳の若者らしく涙でくしゃくしゃの顔を見せた御嶽海だった。千秋楽の対豊山戦では「今場所一番の熱戦」と解説者や親方衆が大絶賛するほどの、攻防ある相撲を見せる。惜しくも黒星を喫して有終の美は飾れなかったのだが“大胆不敵”な御嶽海は、その後、意外な場所で笑顔を浮かべていた。

 幕内最高優勝の表彰式を終えると、すぐさま三賞受賞の表彰式が執り行われる。優勝賜杯だけに飽きたらず殊勲・技能賞を受賞した御嶽海のほか、敢闘賞を受賞したのは、東農大出身の豊山、近大出身の朝乃山のふたりだ。

「この3人で結果を残せてうれしい」

 朝乃山が審判部長から恭しく表彰を受けているその土俵下。御嶽海は、ついさっきまで熱戦を繰り広げていた相手の豊山に笑顔を見せ、何やら談笑していたのだった。

 本人の後日談によると、「お前、重いんだよ、太り過ぎだよ。押せないよ~」と話し掛けていたのだと明かす。そしてこうも付け加えた。

「学生出身は、この世界ではいろいろ言われるけど、形に残さなきゃそれは変わらない。今回、この3人で結果を残せてうれしいっすよ」

【次ページ】 幕内42人のうち、学生相撲出身は13人。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

御嶽海
東洋大学
豊山
朝乃山
出羽海部屋
栃ノ心

相撲の前後のコラム

ページトップ