Beyond The GameBACK NUMBER

15日間皆勤全敗、えらくはないが。~王輝の愚直な九月場所~

posted2020/10/13 07:00

 
15日間皆勤全敗、えらくはないが。~王輝の愚直な九月場所~<Number Web> photograph by KYODO

十両で15日間皆勤して全敗したのは2000年名古屋場所の星誕期以来

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

KYODO

 勝負は勝負だから勝った人はえらい。大相撲の九月場所。関脇の正代が13勝2敗で賜杯を抱えた。えらい。

 では負けても負けても休まない人は。新十両の王輝は「皆勤全敗」で15日間の土俵を終えた。せっかく立ち去った幕下へまた舞い戻る。えらくはあるまい。でも「屈辱」とも書きたくない。

 1949年、まだマッカーサーが日本にいたころに15日制の場所は定着した。新十両の15戦全敗はそれ以降初めてである。そもそもひとつの場所に15敗を喫した者はこれまで9人しかいなかった。

 一般人の体調は顔色でわかる。お相撲さんは肌艶である。新潟県岩船郡、人口5000強の関川村出身の24歳、王輝嘉助、艶々していたのは光沢のあるスカイブルーのまわしだけだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 954文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<秋競馬GIプレビュー>三冠親仔伝説

関連記事

王輝

相撲の前後の記事

ページトップ