Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ダービー騎手の新常識>
四位洋文「次はダービートレーナーに」

posted2020/05/27 08:00

 
<ダービー騎手の新常識>四位洋文「次はダービートレーナーに」<Number Web> photograph by Hirofumi Shii

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

Hirofumi Shii

GI通算15勝。数々のビッグレースを制した名手が、今年2月、無観客の阪神競馬場で惜しまれつつ引退を迎えた。調教師として再びダービーへ――。新たなる決意を笑顔で語る。(Number1003号掲載)

 史上初の無観客競馬が始まった2月29日の阪神競馬場が、四位洋文の騎手としてのラストステージだった。第3レースで四位が1586勝目をあげたとき、誰もいないはずのゴール前から歓声が沸き起こり、思わず双眼鏡を覗き込んだ。見ると、手すきだったジョッキーたちが10人に少し足りないぐらい集まっていて、「四位さん、四位さん、四位さん!」と声援をおくっていたのだ。最終レースのあとで行われた胴上げもよかったが、最も印象に残ったのはあのシーン。四位が持つ人徳が伝わってきて、寂しい無観客競馬の中に小さな幸せを見つけた気持ちにさせられる風景だった。

「ファンの皆さんにラストライドを見てもらえなかったのは残念」としながら、その表情にはやり切った満足感が浮かんで見えた。引退式で述べた「幸せな騎手人生だった」という言葉が、ウオッカとディープスカイによるダービー連覇の大仕事だけを指しているわけではないのはもちろんだが、あらためてまずは振り返ってもらった。

「騎手を目指したときの夢がダービーでしたから、それはそれは大きな財産です。ウオッカのときは、オークスかダービーかがまず注目され、角居(勝彦)先生が『迷ったときはワクワクする方へ行こうか』と決断されたのが、僕の夢の始まり。いまでこそ牝馬が牡馬をしのぐ活躍をしても驚かれなくなりましたが、当時は無謀な挑戦みたいな空気がありました。僕は、掲示板(5着以内)には必ず来ると思っていましたが、あんなに突き抜けてくれるとは考えていませんでした。ものすごくうれしかったはずですが、正直言って勝ったあとの記憶がないんです。逆にディープスカイのときは、勝たなきゃいけないという思いが強くて、ずっしりとしたプレッシャーが懐かしいですね。あの馬はNHKマイルCの前あたりからグングン成長して行って、ダービーまでその成長曲線が勢いを失うことはありませんでした。ダービーの時点であれほどのエネルギーを感じた馬はディープスカイだけでしたね。負けるわけないだろうという気持ちが、ダービーだけにプレッシャーになりました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2897文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

不屈の蹄音。日本ダービーの新常識

Sports Graphic Number 1003

不屈の蹄音。
日本ダービーの新常識

 

四位洋文
ウオッカ
ディープスカイ

競馬の前後の記事

ページトップ