ブンデス・フットボール紀行BACK NUMBER

ブンデス運営が見せた秩序と気概。
長谷部誠&鎌田大地には苦い再開に。

posted2020/05/18 11:50

 
ブンデス運営が見せた秩序と気概。長谷部誠&鎌田大地には苦い再開に。<Number Web> photograph by Getty Images

無観客試合で、長谷部誠ら選手も徹底した対策の中で実施されたブンデスリーガ。それでも多くの人がスポーツを観る喜びを再確認したはず。

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

 5月16日、新型コロナウイルスの流行により中断されていたドイツ・ブンデスリーガがついに再開されました。

 イングランド、イタリア、フランス、スペインと並ぶヨーロッパ5大リーグのなかで、このたびブンデスリーガが他リーグに先駆けて最も早く再開に舵を切ったことになります。

 再開にあたって、ブンデスリーガは入念に準備を積み重ねてきました。それは、ドイツサッカーリーグ機構(DFL)が作成した『オペレーション・タスクフォース』という試合運営要綱からも分かります。

 そのページ数は、なんと50ページ!

 日本人メディアの僕には英語表記のものが配布されたのですが、すべて読むのに2時間以上かかりました……。その詳細は他の記事でも各種伝えられていますので割愛しますが、そうした厳格な運営方針を打ち出した姿勢からも、ブンデスリーガ側の「安全適切に試合を開催する」という気概がうかがえます。

取材者10人、海外メディアは……。

 今回、僕は試合を取材することができませんでした。ブンデスリーガは試合再開に際し、メディアの数は1試合につき総計10人に絞ることを決めました。

 通常は1試合につき100人を越える記者の申請が通るケースもあるので、これは非常に限られた人数です。

 一応アイントラハト・フランクフルトvs.ボルシア・メンヘングラッドバッハの取材申請を行いましたが、アイントラハトの広報担当者から迅速に、そして非常に丁寧なメールが返ってきました。

 そこには「取材者10人の選定をしているんだけども、今回に関してはインターナショナルメディアの取材は難しいかもしれない」と書かれていました。

 結局、取材ができたのはドイツメディアのみ。国内2大通信社、全国紙2紙、『Kicker』、『Bild』といった長くブンデスリーガの取材実績があるメディア、そして、ホームチーム、アウェーチームの地元紙が各2紙で合計10枠ということになりました。

 この選定には十分納得できますので、特に意見はありません。取材ができなかったのは大変残念でしたが。

【次ページ】 テレビ向けインタビューが面白い構図。

1 2 3 4 5 NEXT
長谷部誠
鎌田大地
フランクフルト
ホッフェンハイム
ヘルタ
ドルトムント
シャルケ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ