サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

俊輔落選、中山・秋田選出から18年。
W杯の“ベテラン枠”論争に決着を。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2020/05/17 11:50

俊輔落選、中山・秋田選出から18年。W杯の“ベテラン枠”論争に決着を。<Number Web> photograph by AFLO

W杯で初めてゴールを決めた日本人である中山雅史は、2002年日韓W杯にサプライズ招集されチームに魂を吹き込んだのだ。

「ベテラン枠」は今後も必要だろうか。

 では、「ベテラン枠」は今後も必要だろうか。

 1998年から2018年まで6大会連続で出場していることで、W杯で1人ひとりの選手に求められるもの、チームとして求められるものが、日本サッカーの財産として受け継がれている。

 ヴァイッド・ハリルホジッチの解任からベルギー戦までのプロセスは、吉田麻也や柴崎岳、酒井宏樹や遠藤航が伝えていくことになるはずだ。「試合には出られないけれど経験を持った選手」の力を必要とするのは、緊急事態に限られるだろう。

 その一方で、選手寿命は確実に延びている。「試合に出られる状態にある経験豊富な選手」は、今後増えていくと予想される。そうした選手のサプライズ招集までは、否定できない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中村俊輔
中山雅史
三浦知良
秋田豊
川口能活
フィリップ・トルシエ
ジーコ
岡田武史
アルベルト・ザッケローニ
西野朗
日韓W杯
ドイツW杯
南アフリカW杯
ブラジルW杯
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ