話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

「やべっちF.C.」が19年続く理由。
リフティング、デジっち誕生の裏話。

posted2020/05/10 19:55

 
「やべっちF.C.」が19年続く理由。リフティング、デジっち誕生の裏話。<Number Web> photograph by TV asahi

中野達朗プロデューサーはもう10年以上「やべっちF.C.」の担当をしている。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

TV asahi

「やべっちF.C.~日本サッカー応援宣言~」は、テレビ朝日で矢部浩之氏(ナインティナイン)の冠番組として2002年4月7日にスタートし、今年で19年目を迎えた。

 多くの番組がなくなったり、形を変えたりする中、「やべっちF.C.」はスタート当時と変わらないスタイルを貫き、数々のユニークな企画を披露し、多くのサッカーファンに刺激を与え、新しいファンを掘り起こしている。

 独自路線を走る「やべっちF.C.」の魅力と「これから」について、番組プロデューサーの中野達朗氏に話を聞いた。

――中野さんが、「やべっちF.C.」に関わったのはいつからだったのでしょうか。

「もともと僕は、文化工房という会社に入って’03年から’09年までスポーツニュースを作っていました。スポーツ新聞の記者さんのように日本代表やJリーグの試合、練習に行って、日々のニュースを取材して報道ステーションなどのニュース番組に流す仕事です。2009年6月の南アフリカW杯最終予選のオーストラリアに負けた試合(1-2)までニュースをやって、翌7月に『やべっちF.C.』の担当になりました」

フランクな雰囲気と骨太な企画。

――内示を受けた時は?

「うれしかったですね。もともと『やべっちF.C.』でもニュース映像を作っていたので、ちょこちょこ携わっていたんですよ。外から番組を見ているとサッカー番組としてすごくフランクな感じですけど、骨太の企画もあった。これからは自分の好きなこと、やりたいこと、例えば選手の密着取材とか、企画でより深掘りできるなって思いました。

 あと、ドイツW杯を始めW杯アジア最終予選などいろんな現場を経験させてもらったので、そういうのを活かして番組作りができることは、僕にはいいタイミングだと思いましたね」

【次ページ】 うまくハマッた女性アナウンサーたち。

1 2 3 4 5 NEXT
矢部浩之
前田有紀
竹内由恵

Jリーグの前後のコラム

ページトップ