“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

初のJ1に挑む大分MF野村直輝。
中断する今、考える「10番」の仕事。

posted2020/05/10 08:00

 
初のJ1に挑む大分MF野村直輝。中断する今、考える「10番」の仕事。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

今季から大分に移籍した野村直輝。開幕戦では途中出場ながら存在感を残した。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 人生初の「J1」へ挑戦、プロ初「10番」を背負う――。

 大分トリニータのスピードアタッカー・野村直輝にとって、今季はサッカー人生において勝負の1年となるはずだった。しかし、新型コロナウイルスの影響により、その「10番」を披露したのはまだ1試合、20分程度しかない。

 野村は今、未来にどんな思いを馳せているのか。そしてこれまでのサッカー人生をどう捉えているのか。「新しい10番を構築したい」と語る彼の胸の内に迫った。

今は「引き出し」を増やす時間に。

「開幕戦はずっと思い描いていたJ1の舞台でしたが、(スタジアムの空気に)圧倒されることもなく、これまで通り平常心でプレーすることができました。まだ1試合なので明確ではないですが、味方との連係や戦術を具現化できる手応えは感じることができました」

 スタメン出場こそ叶わなかったが、これまでと変わらぬ姿勢でファーストステップを踏むことができた。だが、ここからJリーグは中断。野村はこのサッカーができない状況を自分と向き合う時間に当てている。

「今は『自分の引き出しを増やす』という意味で本から知識を得たり、かつてのチームメイトと連絡を取って話したりしながら、組織のメカニズムやサッカー選手としてのあり方、その先の自分の人生について学んでいます。この時間を利用して新しい知識を自分の中に入れて、それをプレーやチームに落とし込んでいきたいですね」

 知の蓄積を図る中で、自分の過去も振り返ることができた。その中で転機となったプロ2年目の出来事を語ってくれた。

【次ページ】 出番が激減、気持ちが切れた。

1 2 3 4 5 NEXT
野村直輝
大分トリニータ
横浜FC
徳島ヴォルティス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ