スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

大迫傑には自尊心と自重が同居する。
東京マラソン、会心の完勝劇の裏側。

posted2020/03/03 11:40

 
大迫傑には自尊心と自重が同居する。東京マラソン、会心の完勝劇の裏側。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

大迫傑ほどのランナーにとっても、オリンピックへの道は簡単ではなかった。それだけに本番への期待は高まる。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 これまで大迫傑とのワン・オン・ワンでのインタビュー、そしてレースの取材で「感心」したことが何度かあった。

 最初は2010年11月、彼が早稲田大学競走部の1年生のときで、箱根駅伝を前にしてその意気込みを聞く――はずだった。ところが、目がクリッとした1年生は顔色ひとつ変えずにこう話した。

「僕は駅伝に興味がないので」

 面食らった。

 19歳でそう言い切れることにも感心した。

 いまもそうだが、関東の大学に進学してくる選手は、箱根駅伝で走ることを目指す場合が多い。それに対して大迫は、いちばんいい競技環境を求めた結果、渡辺康幸監督(当時)が指導する早大への進学を決めたという。

「いい環境だったら、別に実業団でも構わなかったんですよ」

 駅伝には興味はないと言いつつも、2011年の箱根駅伝では、当時の相楽豊コーチ(現監督)のアイデアで1区に起用され、序盤から飛び出し、早稲田を優勝に導いた。

 与えられた仕事を粛々とこなす1年生に、とにかく感心した。

「わきまえる」という選択肢。

 2回目は、2017年の福岡国際マラソンの時である。

 私はこのときのレースをNumber Webでレポートしているが、(https://number.bunshun.jp/articles/-/829421)2時間7分19秒で3位に入ったこのレースは、ひじょうに中身の濃いものだった。

 ペースメーカーが外れた30km以降、外国人選手ふたりが30kmから35kmまでの5kmを14分37秒にまで引き上げた。

 フルマラソン2回目だった大迫は、ここで「わきまえた」選択をする。無理にふたりに合わせるのではなく、35kmまでの5kmを14分55秒でまとめ、35kmから40kmを15分18秒、ラストの2.195kmを6分58秒で乗り切って2時間7分台の好記録をマークした。

 落ちついたレースぶりだけでなく、会見での言葉が、とても印象的だった。

【次ページ】 MGCで見せた意外なほどナイーブな姿。

1 2 3 4 NEXT
大迫傑
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ