松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

北京パラを目指す高田千明が妊娠……。
当時の心境と状況を松岡修造が訊く。

posted2020/03/03 07:00

 
北京パラを目指す高田千明が妊娠……。当時の心境と状況を松岡修造が訊く。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

何度も訪れる高田千明のピンチに思わず松岡修造も絶句! それを乗り越えて、彼女はいかに大成したのか?

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 松岡修造がパラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラリンピック一直線!」。第10回のゲストはパラ陸上、女子走り幅跳びで東京パラリンピックの日本代表に内定した高田千明さんと、コーチの大森盛一さん。

 高田さんがチームの練習に参加したとき「最初の3カ月は口も聞いてもらえなかった」と言う。

 その真意を松岡さんが大森さんに訊くと……。

「全力で走っていたのでびっくりした」

松岡「なぜ最初に優しく声をかけなかったんですか」

大森「だって、始めたばかりで技術的なことを言ってもまずわからないじゃないですか。自分から分かりたいと思うようになって、初めて自分のどこが悪いのかも気づくようになる。分かっていないのにこちらから教えたところで理解はできないので。僕はただ待っていただけです」

松岡「いやでも、それならそうと、今の言葉を伝えてあげたら良いじゃないですか。今は分かっていないから教えられないけど、後でちゃんと教えるよって」

大森「それは松岡さんが優しいからですよ(笑)。僕のやり方は今でもそうです。入ってきたばかりのコには何も言いません。気づくまで待っている。質問してくるまで待ってます」

松岡「その考え方も理解はできるんです。日本の指導は指導者が手取り足取り教えるけど、海外は選手自らが聞きに行くのが当たり前だから。僕の指導も似ているところがあるので理解はできますが……」

高田「だから私、大森さんのチームにいるコたちにはいつもこう言うんです。『何か分からないことがあったら聞いてごらん。自分から聞きに行った方が良いよ』って」

松岡「大森さんは最初に千明さんを見たとき、何も言わなかったけど、何か可能性のようなものを感じていたんですか」

大森「全盲の女の子が入ってきたのは初めてだったんですね。男子の選手は教えたことがあって、全盲でもそこそこ走れるのはわかっていた。でも女の子で、はたして目が見えていない状態で全力疾走ができるのかなって。それでパッと見たときに、全力で走っていたのでびっくりしたのは覚えてます」

【次ページ】 「続けてくれるかどうかの見極めを」

1 2 3 4 5 NEXT
高田千明
大森盛一
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ