マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

履正社、花咲徳栄、東海大相模……。
強い学校の“目立たぬ逸材”を探せ。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2020/01/30 19:00

履正社、花咲徳栄、東海大相模……。強い学校の“目立たぬ逸材”を探せ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2019年夏の甲子園決勝では2年生ながら三塁打も放っている池田凛。なんともいい仕事をする選手だ。

目立たずとも、2番の加藤は木のバット向き。

 そんなチームで盲点かも……と見ているのは、昨秋サードやセカンドを守り、2番を打っていた加藤響内野手(178cm74kg・右投右打)だ。

 鵜沼魁斗、山村崇嘉、西川僚祐……前後をゴッツイのが固めているから、間にはさまるこのスリムなシルエットが目立ちにくい。

 しかし、全身をしならせるように振り抜いて、バットで背中を叩くほどの柔軟性と強靭なバネは、反発力の落ちる木製バットになった時に、これ以上ない武器となる。

 彼だって、すでに30弾ほど放り込んでいると聞いている。

 スイングの運動量、スイングスピード、打球の速さに長打力……ほかのチームなら、3番でも4番でもつとまるハードパンチャーだ。  

4年後にはドラフト上位も夢じゃない。

 長所は間違いなく強打だから、ポジションは内野にこだわらない。外野も練習してもらおう。上手な内野手を外野で使うと、ものすごく上手い外野手に変身することがある。

 クリーンアップを打てる打者に育てて、大学4年生の頃には、打てて守れて走れる右打ちの内・外野二刀流に。なかなかいないタイプだから、ドラフト上位も夢じゃない。

 本人は2倍、3倍と練習しなきゃならないが、そのぶん将来の楽しみと可能性も2倍、3倍だ。頑張り甲斐のある夢だと思う。

 センバツの時期は、大学野球も春のリーグ戦に備えて他の大学や社会人とオープン戦の毎日だから、大学の監督が現場まで見に行くのはなかなか難しいが、時間を作って、テレビ画面から見定めてはどうだろうか。

 3年後、4年後の彼らを想像しながらの映像分析。今から楽しみでならない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
加藤響
池田凛
高森陽生

高校野球の前後の記事

ページトップ