オリンピックへの道BACK NUMBER

ペースメーカー制御バイクまで配置。
大阪国際女子で五輪の設定記録突破?

posted2020/01/19 09:00

 
ペースメーカー制御バイクまで配置。大阪国際女子で五輪の設定記録突破?<Number Web> photograph by KYODO

MGCで3位に入った小原(右から3番目)。このまま東京五輪出場の可能性もあるが、大阪国際女子で自力での代表獲りに挑む。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

KYODO

 突破者は現れるか。

 1月26日、大阪国際女子マラソンが行なわれる。この大会は、東京五輪代表選考も兼ねて実施される。

 あらためてマラソンの選考レースを振り返ると、3枠のうちすでに2枠は、昨年9月に開催された「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)で1、2位となった前田穂南、鈴木亜由子が内定。

 最後の1枠は、2時間22分22秒の設定記録を突破した選手が選ばれる(複数名出た場合は、最速の選手となる)。今後、その対象大会となるのが大阪国際女子と、3月の名古屋ウィメンズマラソンだ。

 もしこの2大会で設定記録を突破する選手が皆無だった場合、MGC3位の小原怜が3枠目に内定する。

記録突破に向けたさまざまな「お膳立て」。

 別の角度から見れば、大阪や名古屋のスタートラインに立つ選手の目標は明確だ。まずは設定記録を超えることにほかならない。それだけに、ハイレベルな争いが予想される。

 大会には、2時間20分、21分台の記録を持つ中東、アフリカ勢も4名エントリーしている。

 また、ペースメーカーには、1万mの第一人者である新谷仁美らを起用。

 さらにペースメーカーのペースをコントロールするため、大阪国際女子では初めて「ペースメーカー制御バイク」を配置。バイクに乗車しているディレクターからペースメーカーに対し1kmごとに指示を出し、ペースを制御する。

 さまざまなお膳立てがされている点もまた、記録突破の期待が高まる理由だ。

 エントリー選手も、MGCに出場した福士加代子、松田瑞生、小原怜らの楽しみな顔ぶれがそろった。

【次ページ】 近年、一気に台頭した松田。

1 2 3 NEXT
福士加代子
松田瑞生
小原怜
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ