JリーグPRESSBACK NUMBER

ベルマーレ残留の今、騒動を考える。
美談でなくJリーグが先に進むため。

posted2019/12/25 08:00

 
ベルマーレ残留の今、騒動を考える。美談でなくJリーグが先に進むため。<Number Web> photograph by Getty Images

参入プレーオフの末にJ1残留を果たした湘南ベルマーレ。所属する選手には能力があるからこそ、2020年の逆襲に期待したい。

text by

川端康生

川端康生Yasuo Kawabata

PROFILE

photograph by

Getty Images

 湘南が辛うじてJ1に残留した。

 改めて言うまでもなく、今季の湘南は前監督のパワハラ行為が明るみに出た後、みるみる失速。それまで11位につけていた順位も急降下し、結局昇格プレーオフまでもつれ込む苦しい戦いを強いられることになった。

 ちなみに発覚前後の成績を比べれば、曹監督が指揮を執った22試合は9勝2分11敗(勝ち点29・得失点-5)。指揮官交代後の12試合は1勝4分7敗(勝ち点7・得失点-18)だった。

 今季最終成績は10勝6分18敗(勝ち点36・得失点-23)だから、勝ち点のほとんどを騒動前に稼ぎ、騒動後に得失点を著しく悪化させたことがわかる。

 付け加えれば15位の鳥栖とは勝ち点は同じ。得失点差わずか「2」で明暗を分けることになった。勝負の世界に「もしも」はないが、「あんなことがなければ、こんなことにはならなかった」と湘南サポーターが愚痴りたくなる気持ちもわからなくはない。

今回を機に基準を改める必要性が。

 もちろん湘南というクラブを擁護することはできない。前監督による行為が「パワーハラスメントに該当する」ことはJリーグだけでなく、湘南も(それぞれが委任した弁護士の判断によって)認めている。

 そうした指導を行った曹監督個人も、それを容認し改善できなかったクラブも、さらにはあの指導がパワハラに該当することを認識できず、それどころか称賛さえしていたメディアやサポーターも、今回の一件を機に考えと基準を改めなければならない。

 もはや昭和でも平成でもない。現代を生きる一員として、時代に即したスタンダードを早急に身につけなければ、社会から信頼されなくなってしまうだろう。

【次ページ】 事態の推移を追って気になったこと。

1 2 3 4 5 NEXT
湘南ベルマーレ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ