スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

明治ラグビーに「隙ナシ、油断ナシ」。
崩された“名作”と早稲田のメンタル。

posted2019/12/04 11:50

 
明治ラグビーに「隙ナシ、油断ナシ」。崩された“名作”と早稲田のメンタル。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

25年ぶりの全勝対決となった早明戦。明治大は圧倒的な強さで対抗戦を制した。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 強い! 強すぎる!

 25年ぶりの全勝対決となった早明戦(当時の監督は明治が北島忠治御大、早稲田が宿沢広朗氏)。

 熱戦が期待され、たしかに前半は見ごたえがあった。スコアは明治が10-7とリード。記者席では「名作」誕生の気配が漂った。ところが……。

 後半は明治が圧倒、アンストラクチャーからのスピードあるアタック、ラインアウトモールなど多彩な攻撃で4トライ。早稲田に反撃の隙すら与えなかった。

 今季の明治を見ていると、「隙ナシ、油断ナシ」という言葉が浮かんでくる。

 ワールドカップが終わって対抗戦が再開した11月は、ライバル校を次々と粉砕、慶応には40-3、帝京大には40-17。そして今回の早明戦では36-7。

 まさに、明治無双といった趣である。

ひょっとして、史上最強?

 昭和の時代、明治のキャラクターといえば、体も大きく才能にあふれてはいるけれど、憎たらしいほど強すぎるということはなかった。どこか憎めない集団だった。

 ところが、今季の明治にはとにかく隙がない。

 往年の「前へ」のスピードは確実に遺伝、さらにはディフェンスで「横」の動きに対しても俊敏性を見せつけ、最後の最後まで綻びを見せることはなかった。

 ひょっとして、「史上最強の明治」なのではないか?

 隙が無い証拠は、試合後の記者会見の武井日向主将(4年・國學院栃木高)の言葉にも表れていた。私が「後半に入って、早稲田の疲れをどのあたりに感じていたか?」という質問に対して、主将はこう答えた。

「正直、疲れていたか具体的には言えませんが、こちらが後半に入って2本トライを取った後に、早稲田の選手たちがメンタル的に『あぁ』となっているのが見て取れたので、メンタルの部分から崩していけたのは、勝利に大きく影響したと思います」

 この言葉は衝撃的だった。

 明治がメンタルで早稲田を崩す時代が来るとは……。

【次ページ】 スクラムを優位に進めた明治。

1 2 3 NEXT
明治大学
武井日向
箸本龍雅
山沢京平
早稲田大学
岸岡智樹

ラグビーの前後のコラム

ページトップ