マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

なぜこの選手が育成だったのか……。
巨人・山下航汰が近々“来る”気配。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/06/02 11:30

なぜこの選手が育成だったのか……。巨人・山下航汰が近々“来る”気配。<Number Web> photograph by Kyodo News

高崎健康福祉大高崎時代の山下航汰。大型補強が目立つ巨人だが、彼のような原石も二軍で磨きをかけている。

「育成指名でもありがたいです」

「育成でも指名していただけただけ、ありがたいです」

 おだやかな笑顔で、ものすごくフラットな語り口。

 強豪のクリーンアップを1年から打ち続けた選手というよりは、よく勉強している大学生みたいな高校3年生だった。

「球場によってベースの高さがまちまちなの、知ってます?」

 話の途中で、不意にこんなことを振ってくる。

「ベースの高さを知っておけば、ターンの時に自信を持ってMAXの勢いでベースを蹴れるんですよ」

 外野のポジションへの行き帰りに眺めていて、フッと気がついたそうだ。高校野球の試合会場は、試合のたんびに変わるから、初回のポジションへの行き帰りに必ず確かめるのだという。

野球に関しては「博士」ですから。

「あいつ、野球に関しては『博士』ですから……」

 健大高崎の指導陣のひとりが教えてくださった。

「インコース打ちは、横からボールを上げてもらって、ティーバッティングをやるんです。自分が左打席に立っているとしたら、右打席の方向からボールを上げてもらって、体にぶつからないようにさばく……そうすると、体の鋭い回転がないとインコースが打てないのが、体感でわかるんで」

 その通り“実演”してくれた、そのスイングの見事なこと。

 作ったところのない自然な構え。トップの割れに過不足がないから、バットの振り出しが鋭くて、体がクルンとスピンして体の前でバットを大きくさばくと、体に当たりそうな位置に上げられたボールがライト方向へ雄大な放物線となって美しい弧を描く。

 このバッターが働けなくて、いったい誰がプロで活躍できるのか?

 9年前、八戸大・秋山翔吾外野手(現・西武)を見たときと同じ“感動”がわき上がったことを思い出す。

【次ページ】 イースタンで打率ランキング2位。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山下航汰
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ