マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

なぜこの選手が育成だったのか……。
巨人・山下航汰が近々“来る”気配。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/06/02 11:30

なぜこの選手が育成だったのか……。巨人・山下航汰が近々“来る”気配。<Number Web> photograph by Kyodo News

高崎健康福祉大高崎時代の山下航汰。大型補強が目立つ巨人だが、彼のような原石も二軍で磨きをかけている。

山下航汰、おそろしい存在だ。

 拙誌『野球人』で山下航汰を取り上げたインタビュー記事は、彼の話が面白くて、6ページにも及んだ。私は記事をこんなふうに締めくくった。

<今は誰も知らない選手かもしれない。

 高校時代の活躍も、次第に忘れられていくのかもしれないが、3年先…いや、そんな先じゃない。もしかしたら、1年目の今年だって、夏場にさしかかって一軍選手にへばりが見えたあたり、いつ間にか<一軍登録>されて、代走、代打から外野の一角へ…。

 そんな空想が決して「絵空ごと」に思えないから、この山下航汰、おそろしい存在だと言っておきたい。>

 いっときは順調に首位を走っているかのように見えた巨人も、5月は負けが込んで3位が定位置になりつつある。

 センター・丸佳浩がさすがの活躍を見せる外野陣だが、残す2つのポジションには、丸ほどの絶対的レギュラーは見当たらない。

「チャンス」という言葉は、高卒1年目の育成外野手にはあまりに大胆な表現にも聞こえるかもしれないが、高校1年の頃からずっと見てきた私としては、決して現実離れしたアドバルーンとは思っていない。

掛布も一気に大選手への道を歩んだ。

 たとえば、千葉・習志野高からなかばテスト生のように阪神に進み、現役15年間で通算打率.292、349本塁打、3回の本塁打王にベストナイン7回を獲得した掛布雅之。

 彼もまた、高校から進んだ1年目から一軍で登用され、いつの間にか三塁手のレギュラーになって、そのまま大選手への道を突き進んだ。

 スイングスタイル、打ち損じのない高い精度に打球の軌道。背格好まで、すごく重なる。

 そのことを彼に伝えると、

「なれたらいいですね、なれますかね……」

 円満そうな丸顔におだやかな微笑みをたたえて、静かに答えたあの表情からは、謙遜ではなく、むしろ“自信”を感じさせた。そのように見えたのは、私の「買いかぶり」なのか、それとも……。

 いずれにしても、その最初の答えはもう間もなく、山下航汰自身が出してくれるはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山下航汰
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ