“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

ドリブラー少年は黒子に徹していた。
川崎DF登里が口にした結果への執着。

posted2019/04/26 17:30

 
ドリブラー少年は黒子に徹していた。川崎DF登里が口にした結果への執着。<Number Web> photograph by Takahito Ando

黒子に徹しつつも、瞬間的な突破が光るサイドバックに成長を遂げた登里享平。J王者の川崎の中でも、貢献度は高い。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 登里享平は落ち着いている――。

 プロ生活11年目に突入する選手の凄みと言うべきか。

 技巧派が集まり、高い質の戦術を用いる川崎フロンターレにおいて、10年以上も一線級で活躍できる深みというべきか。

 今年の登里のプレーは安心して見ていられる。

 以前は、どちらかというと派手なプレーヤーだった。だが、2009年に香川西高校から川崎に加入して、プロサッカー選手としての年月を積み上げていくうちに、彼のプレーからは波が消え、安心してピッチに送り出せる「計算できる選手」となった印象を受ける。

ドリブラーとして鳴らした高校時代。

 高校時代の彼はゴリゴリのドリブラーだった。

 左サイドでボールを持ったら、とにかく仕掛けることを第一に考え、相手の懐に迷いなく飛び込み、抉りこむようにドリブルでDFラインを切り裂くプレースタイル。まさに獰猛な牙だった。

 裏を返せば、今の彼は尖った牙を失くしてしまったのかもしれない。

 いや、失くしたのではなく、新たな牙が生え、それが鋭さを増しているというべきだろう。川崎というチームで生き残っていくためには、いつまでも獰猛な牙に頼っていてはダメだったのだ。

「僕にはずっとこだわりがあった。例えば1対1の場面では、自分の間合いでガンガン勝負していくし、そういうプレーを目指していた。でも、フリーな状態でボールを受けないと『自分の形』が出せず、結局それをするためにサイドに張ってしまうことが多かった。そうなると簡単に相手に読まれるし、失敗する度に仲間からの信頼を失ってしまう。自分のプレースタイルの限界を感じていた」

 だが、'11年に相馬直樹監督(現・町田ゼルビア監督)が就任すると、翌'12年に左利きだったことと突破力を買われて、サイドバックにコンバートされた。

「サイドバックなんてやったことなかった。でも左利きのサイドバックは必ず需要がある、そこで自分の活路を見出そうと思った」

 必死に模索した結果、彼が選んだのは守備力とバランス感覚、そしてポゼッションへの参加という、フォア・ザ・チームのプレーだった。

【次ページ】 確立してきた「サイドバック論」。

1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川崎フロンターレ
登里享平

Jリーグの前後のコラム

ページトップ