SCORE CARDBACK NUMBER

ここ2年足らずで初優勝が7人。
BIG4の独占崩れたマスターズ。
~錦織圭も「チャンスはある」~

posted2019/04/07 15:00

 
ここ2年足らずで初優勝が7人。BIG4の独占崩れたマスターズ。~錦織圭も「チャンスはある」~<Number Web> photograph by Getty Images

インディアンウェルズではオーストリアの25歳、ティームが初戴冠。ランキングは自己最高タイの4位に浮上。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 男子ツアーで四大大会に次ぐ格付けのマスターズ1000シリーズ(以下MS)は今年が創設30年目となる。四大大会は別格だが、年間9大会のMSは全選手の目標であり、名誉のタイトルだ。今季最初のMS、インディアンウェルズでは、ドミニク・ティームが決勝でロジャー・フェデラーを破りシリーズ初優勝、「グランドスラムをとったような気分だ」と感激をあらわにした。次のナンバーワン候補の一人だが、四大大会では'18年全仏の準優勝が最高、MSでも決勝で0勝2敗と、あと一歩で頂点に手が届かなかった。ツアー11勝を挙げていたが、決勝でトップ10選手を破ったのは初めてだ。苦手と見られていたハードコートで成し遂げたMS初優勝で、ひと皮むけるだろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ドミニク・ティーム

テニスの前後のコラム

ページトップ