JリーグPRESSBACK NUMBER

“マイアミ世代”田中コーチも期待。
磐田DF大南拓磨に芽生えた自覚。

posted2019/03/25 16:30

 
“マイアミ世代”田中コーチも期待。磐田DF大南拓磨に芽生えた自覚。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

第4節大分戦では退場処分となるも、着実に出場機会を増やす大南。東京五輪メンバー入りを目指し、アピールに邁進する。

text by

望月文夫

望月文夫Fumio Mochizuki

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

東京五輪まであと500日を切る中で、JリーグではU-22世代の若手有望株が続々と台頭している。短期集中連載として、2019シーズンに見ておきたい、五輪世代の各選手をピックアップした。今回はジュビロ磐田の大南拓磨だ。

 昨年のアジア大会(インドネシア・ジャカルタ)で準優勝したU-21(現U-22)日本代表常連組の1人として、東京五輪出場が期待されているジュビロ磐田DF大南拓磨。

 アジア大会では2試合に出場し、最終ラインからのロングフィードでゴールの起点にもなった。その勢いでチームの磐田でも昨年終盤から先発の座を掴み、センターバックとして徐々に存在感を高めてきた。

 ただ、東京五輪を来年に控えた今季は、やや不安の中で始動となった。

 昨年までの磐田のフォーメーションは3バックが中心だったが、今季は開幕前の鹿児島キャンプから4バックも採用。新フォーメーションの中で自分のポジションがどうなるのか。さらに新加入選手に加え、長期離脱していた複数の主力選手たちが揃って復帰した。

 開幕前の大南のコメントだ。

「まだまだレギュラーを勝ち取ったわけじゃない。今年は大事な1年になるので、まずは開幕戦に先発できるように頑張りたい」

 危機感を持って臨んだ大南は、期待通りに開幕スタメンを勝ち取った。

先発にこだわる理由。

 先発出場にこだわる明確な理由が、大南にはある。

 来年に控えた東京五輪の代表メンバー入りには、今季のアピールが必須である。ならば所属するチームで試合に出場することが最低条件だと判断したからだ。そして自身を鼓舞するため、さらにハードルを上げた。

「出場した試合は、すべて無失点に抑えることが次の目標。無失点ならば、少なくとも試合に負けることはない。攻撃面ではリーグ前半戦に1、2得点は決めたい。いまは得点できるセンターバックが普通になってきているから」

【次ページ】 課題の守備陣、若きDFに懸かる期待。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジュビロ磐田
大南拓磨
田中誠
藤田義明
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後のコラム

ページトップ