JリーグPRESSBACK NUMBER

清水FW高橋大悟には野心がある。
屋久島初のJ1選手の夢は東京五輪。

posted2019/03/26 10:30

 
清水FW高橋大悟には野心がある。屋久島初のJ1選手の夢は東京五輪。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

ルヴァンカップではスタメン出場を果たした高橋大悟。監督やコーチなど、首脳陣からの評価も高い。

text by

望月文夫

望月文夫Fumio Mochizuki

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

東京五輪まであと500日を切る中で、JリーグではU-22世代の若手有望株が続々と台頭している。短期集中連載として、2019シーズンに見ておきたい、五輪世代の各選手をピックアップした。今回は清水エスパルスFW高橋大悟だ。 

 2018年1月、身長163センチの小さな選手がサッカーどころ静岡にやってきた。

 ボールを持った瞬間に鋭いドリブルで先輩選手を置き去りにすると、勢いそのまま左足でシュートを放つ。練習場のスタンドから様子を見守る地元ファンから、拍手と歓声が上がっていた。

 清水エスパルスのFW高橋大悟だ。

 当時、指揮官として就任してまもないヨンソン監督も、「元気な新人選手が良い動きを見せてくれている」と、連日の絶賛。静岡の目の肥えたエスパルスサポーターたちも、「独特のリズムとゴール前での鋭い嗅覚を持っている」、「トップでもワイドのポジションでも卒なくこなす」、「誰と組んでもうまく合わせてくれそうだ」と、期待の若手選手の虜になった。

世代別代表入りし、名前は全国区。

 プロ1年目の昨シーズンは、ゴールこそなかったがルヴァンカップに5試合出場。途中出場が中心だったため、プレー時間は長くなかったが、短い時間の中で見せた鋭いドリブルから相手の大柄DFたちを抜き去るシーンには、非凡なものを感じさせた。今季もリーグ戦出場こそないが、カップ戦でその存在感を際立たせている。

 高橋の出身は鹿児島県屋久島。人口1万3000人ほどの小さな島を出て、中学からの6年間は同県内の強豪・神村学園でプレーした。鹿児島城西など地元のライバル校に押され、全国区で暴れまわる機会は少なかったが、高橋の名は全国にとどろいていた。U-18、U-19で日本代表入りも経験している。

 その世代の代表からはしばらく遠ざかっているが、高橋には日の丸を付けて出場したい大舞台がある。

 来年に迫っている東京五輪だ。

「現実的には難しい立ち位置ですけど」と可能性が低いことを強調しながらも、「東京で開催が決まったときから、目指さなければいけないと思ったし、高校の監督からも『そこを目指せ』と繰り返し言われた」と話す。

【次ページ】 故郷・屋久島への感謝。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

清水エスパルス
高橋大悟
滝裕太
久保山由清
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後のコラム

ページトップ