Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<球団レジェンドが解説>大野豊「短期決戦を勝つために」 

text by

田村航平(Number編集部)

田村航平(Number編集部)Kohei Tamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/10/11 10:00

<球団レジェンドが解説>大野豊「短期決戦を勝つために」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

今年は守護神・中崎(写真)の故障離脱もあり、今村が抑えを務める時期が長かった。ポストシーズンの起用法にも注目だ。

 戦いはポストシーズンへ。昨年果たせなかった日本一に必要なことは?

 今年のカープには、自分たちは勝てるんだという自信と、昨年の日本シリーズで敗れたという悔しさが、混在しているように見えました。

 特に野手は、今年こそ日本一になろうとレベルアップしています。なんと言っても1、2、3番の「タナキクマル」が、しっかり持ち場に収まっていることが強くなった要因でしょう。今まで自分のことだけで精一杯だったほかの野手たちも、的確に点を取るための状況判断をできるようになりました。苦手だった交流戦で昨年が3位、今年が2位と結果を残せているのも、普段は戦わないパ・リーグを相手にしたときの対応力が上がっている証だと思います。

 一方の投手陣には、昨年ほどの安心感はありませんでした。中崎翔太と今村猛という、リリーフの二人の復調が必要になります。特に中崎は疲労もあって、本来のキレとコントロールがありませんでした。今村はフォークに頼り過ぎて、カウントを悪くしている節があります。調子が悪いときこそ、工夫して投球のバリエーションを広げるいい機会だととらえてほしいですね。


 昨年の日本シリーズは日本ハムを相手に広島で連勝スタートを切りながら、札幌で3連敗を喫して、2勝4敗で敗れました。敗因はやはり、第3戦に象徴されるでしょう。1点リードの8回裏に大谷翔平を敬遠して中田翔に逆転打を打たれた一方、同点の延長10回裏は大谷と勝負してサヨナラ打を浴びました。カープとしては自分たちの野球をやることももちろん大事ですが、相手のキーマンが誰なのか、大谷なのか、中田なのか、レアードなのかをチームとして決める必要があったと思います。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 848文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

カープの時代。

Sports Graphic Number 936

カープの時代。

 

広島東洋カープ
大野豊

プロ野球の前後の記事

ページトップ