SCORE CARDBACK NUMBER

3度目の五輪へ視界良好、エース・小平奈緒の進化。~清水宏保以来の、スピードスケートW杯3連覇~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/12/01 08:00

3度目の五輪へ視界良好、エース・小平奈緒の進化。~清水宏保以来の、スピードスケートW杯3連覇~<Number Web> photograph by AFLO

W杯2戦目の長野大会では、1000mでもライバルの高木美帆を振り切り銀メダル獲得。

 スピードスケート女子短距離のエース小平奈緒(相澤病院)が、W杯女子500mで開幕3連勝を飾るなど、絶好調の滑りを見せている。日本選手による五輪種目のW杯3連勝は'00年男子500mの清水宏保以来で、日本の女子としては初の快挙だ。

 11月11日のW杯ハルビン大会(中国)1回目で2季ぶり通算2勝目を飾ると、同13日の2回目も優勝した。

 11月18~20日のW杯長野大会では連戦の疲れもなんのその、慣れ親しんだエムウェーブのリンクで地元の声援を受けてさらに躍動し、今年10月の全日本距離別選手権で自身が出した37秒75の国内最高タイをマークして開幕3連勝を飾った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 638文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジェイミー・ジャパン誇り高き出航。
小平奈緒
平昌五輪

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ