ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

トルシエがガーナ戦を厳しく評価。
「試合に勝ったのはヴァイッドだ」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/06/07 07:00

トルシエがガーナ戦を厳しく評価。「試合に勝ったのはヴァイッドだ」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

ガーナ戦後の壮行イベントでも口調が重かった西野朗監督。チーム状況を好転させることはできるか。

'98年のフランス、'10年の日本と同じ。

「今日の試合の結果を見て、私は'98年ワールドカップ前のフランス代表を思い出した。当時のフランス代表は、メディアから強烈な批判を受けていた。親善試合はパッとせず、準備も順調に進んでいるとは言い難かった。壮行セレモニーの雰囲気は最悪だった。逆に大きな期待が寄せられた2002年ワールドカップのフランスは、最悪の結果に終わりグループリーグを突破できなかった。

 また2010年大会前の日本代表も同じような状況にあった。あのときの日本代表も、大会の直前まで危機的な状況から抜け出せずにいた。

 そうした過去の経験を踏まえてものごとを考えるべきだ。そして冷静さを保ち続ける。今日の試合も悪いことばかりではなかった。日本はチームとしてプレーしていた。ただ、コレクティブなプレーを見せていたが、残念ながら個の力を発揮できなかった。選手たちのパーソナリティーも何も感じられなかった。リーダーもいなかった。個のレベルでチームは見るべきものが何もなかった」

無駄なパス、意味もなくコレクティブ。

「自信の回復は不可欠だ。今日の日本代表はたしかにいい状態にはなく、効率も力強さも欠いていた。無駄なパスが多く、意味もなくコレクティブだった。個の力とフィジカルが十分ではなかった。

 この試合が重要であったのは、今こそ覚醒のときであるからだ。改革の狼煙をあげるときだ。そして改革は、個の力によってもたらされる。主力となる選手たちの力によってもたらされる。要は選手次第であるということだ。

 日本はコレクティブな力を発揮して試合に勝つことはできる。今日の試合にしても、多くの得点機を作った。負けたのはふたつのセットプレー、FKとPKによる失点だが、勝つ余地は十分すぎるぐらいにあった。

 だが、選手たちは試合の持つ意味を意識しすぎて萎縮し、西野監督も思い通りの采配を揮えなかった。ヴァイッドと比較されることをよくわかっていたからだ。

 この試合は、忘れていい試合だといえる。目標はグループリーグの突破。そのためにはチームとしてプレーしなければならない。努力も改革も必要だ。それを気づかせるためのガーナ戦だった」

【次ページ】 本田、香川は期待された役割を……。

BACK 1 2 3 4 NEXT
西野朗
フィリップ・トルシエ
ヴァイッド・ハリルホジッチ
本田圭佑
香川真司
長谷部誠
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ