野球善哉BACK NUMBER

「2番に送りバント」は安易すぎ?
西武源田と日本ハム大田は強攻型。

posted2018/05/30 10:30

 
「2番に送りバント」は安易すぎ?西武源田と日本ハム大田は強攻型。<Number Web> photograph by Kyodo News

大田泰示は2番ながら交流戦開幕時点で10本塁打を放っている。打順に多様性があるから、野球も面白くなる。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 壮絶な打撃戦だった。

 5月27日の西武vs.日本ハムの首位攻防戦は1回裏に西武が6点を奪ったものの、日本ハムがじりじりと追い上げて8回に同点に追いつく。そして延長10回に近藤健介の適時打で日本ハムが10-8で勝利した。両チームの攻撃力がぶつかり合った見ごたえあるゲームだった。

 現在パ・リーグ1、2位を争う西武と日本ハムには共通点がいくつかある。

 1つは主力をFA移籍などで2~3名失いながらも好調なこと。もうひとつは、アグレッシブな戦略だ。

 この日の試合、西武が序盤に挙げた8得点には送りバントが絡んでいない。

 リーグ最高得点を挙げている西武だが、犠打数は5月28日現在でわずか20だけで、12球団で2番目に少ない。その分、盗塁数は両リーグトップの56で、果敢に仕掛けてチャンスを作っている。

源田が塁に残れば、盗塁が狙える。

 西武というと浅村栄斗、急成長した山川穂高、森友哉らのフルスイングが目立ち、とにかく打ちまくっていると思われがちだが、攻撃での戦略も見逃せない。

 犠打が少ないのは攻撃陣がパワフルなだけでなく、状況に応じたバッティングができるからだ。

 1番の秋山翔吾が出塁した場合、2番の源田壮亮が定石通り犠打をするだけでなく、打ちにいく。これでヒットが出れば一、二塁もしくは一、三塁のケースを作れるし、長打なら俊足の秋山がホームに戻ってこれる。

 もし源田が凡打に終わっても、源田は秋山より盗塁が上手い。併殺にならず走者として残れば、相手にプレッシャーを与えられる。

【次ページ】 ノーサインでも各自が考えて打席に。

1 2 3 4 NEXT
埼玉西武ライオンズ
北海道日本ハムファイターズ
源田壮亮
大田泰示

プロ野球の前後のコラム

ページトップ