Before The GameBACK NUMBER

衣笠祥雄は、恩人を忘れなかった。~まだ本物の鉄人ではなかった頃~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/05/29 07:00

衣笠祥雄は、恩人を忘れなかった。~まだ本物の鉄人ではなかった頃~<Number Web> photograph by KYODO

 休まなかった人にも最期は訪れる。骨が折れても打席に立った。死の4日前、かすれた声での解説は、そんな生き方のフィナーレなのだった。

 衣笠祥雄。享年71。広島カープで2215試合連続出場。鉄人の鎧にへばりつく繊細な感受性は隠したって隠せなかった。


 堂々たる揉み上げを赤いヘルメットの下に見せつけても、仕立てのよいスーツで放送席に腰かけても、あるイメージが浮かんだ。

 公立中学野球部の集合写真、すでに体格のよくなった友の前にしゃがむ「声変わり直前」の小柄な少年の像だ。永遠の童顔と書いてもよい。

 本人が半生記に述べている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1005文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

平成ダービー最強伝説。~総力特集 第85回東京優駿~
衣笠祥雄
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ