欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

起用法を巡る騒動は世界でも日常的。
騒動の主役がハリル、なのが寂しい。 

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/02 11:30

起用法を巡る騒動は世界でも日常的。騒動の主役がハリル、なのが寂しい。<Number Web> photograph by Getty Images

かつて所属したユベントスのジダンとマッチアップするR・バッジョ。指揮官との確執は常に報じられるところだった。

騒動の主役は監督、協会だった。

 サッカーは監督のものではなく、選手のものだと高らかに宣言するような意地のゴールで、颯爽とチャンピオンズリーグの挑戦権をもたらした孤高の天才は、これを置き土産にインテルを去るのだ。

 そして皮肉にもリッピは、憎きバッジョによって解任を免れる。

 現在の日本サッカー界に、プレーですべての人を納得させる、バッジョのようなスペシャルなタレントはいない。

 今回の一連の騒動で主役となったのも、監督であり、協会だった。日本サッカーの未来を左右する一大事に、選手が「主語」として語られなかったことが、語られるような選手がいないことが、なによりも寂しい。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ロベルト・バッジョ
マルチェロ・リッピ
ジョゼップ・グアルディオラ
ズラタン・イブラヒモビッチ
ジョゼ・モウリーニョ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ