バスケットボールPRESSBACK NUMBER

日本バスケはアルゼンチンに学べ。
技術委員長が語る新監督と強化策。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/06/25 07:00

日本バスケはアルゼンチンに学べ。技術委員長が語る新監督と強化策。<Number Web> photograph by AFLO

八村塁の帰国会見にも出席した東野氏。日本バスケ強化について、独特のアプローチで挑もうとしている。

川淵さんは「良い監督に来てもらうために考えろ」と。

――昨年6月に技術委員長に就任した際、東野さんの頭の中にラマスさんのことはあった?

「なかったといったら、嘘になります。最初に30人のリストを作ったんですよ。そして、昨年のリオ五輪では男子の試合だけでも22試合を現地で見つつ、そのリストを持って関係者と会いました。大会中に3回ミーティングをして、最終的に候補は5人にしぼったんです。いくらまで予算を使えるのかを考えるのではなく、『良い監督に来てもらうためにはどうしたらいいのかを考えろ』と川淵さんからは言われていました」

――ラマスさんと会ったのはいつでしょう?

「リオ五輪の視察を終え、日本に帰国してから2週間くらいして、今度はアルゼンチンへ飛びました。ラマスさんはサンロレンゾというチームを率いて、シーズンに入る前。すぐに引き受けてもらえる気配はもちろんない。そこで、僕は予定よりも1週間ほど長く滞在することにしました」

――なぜでしょう?

「その間、毎日のようにラマスさんと会いました。ラマスさんの家へも押しかけました。『話をさせて欲しい、こちらの考えを伝えさせて欲しい』と。そもそも、トップレベルのコーチって、基本的にフリーの状態にはないんですよ。僕は『クラッシャー』というあだ名で、引き下がらないので(笑)。粘り強く、どんどんクラッシュしていく。そのあと、秋にラマスさんが率いていたサンロレンゾは、NBAのトロント・ラプターズとプレシーズンゲームを戦ったんです」

家どころかトロントにまでついて行った熱意が伝わる。

――まさか……。

「トロントへも行きました(笑)。しつこいと思っていたでしょうねぇ」

――執念ですね。

「ラマスさんは今シーズンまでサンロレンゾのヘッドコーチを務めるわけですが、来シーズンからそのポストにつく人が決まって、(7月からは)フリーになる。しかも、ラマスさんと交渉をするなかで、『オレがヘッドコーチになったら、こういうことは出来るか?』というような話を、むこうからしてくるようになったんです。日本が強くなるためにはどうしたらいいか、というのを自ら提案してくれる人じゃないと無理だと思ったので、それは嬉しかった」

【次ページ】 五輪開催を浮上のきっかけにしないと、嘘ですよ!

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東野智弥
フリオ・ラマス

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ