野球善哉BACK NUMBER

ヤクルトの“脱セオリー”野球とは。
バント、前進守備、併殺の考え方。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/10/19 15:00

ヤクルトの“脱セオリー”野球とは。バント、前進守備、併殺の考え方。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

日本シリーズ進出を決め、胴上げに備えてメガネを外した真中満監督。巨大戦力のソフトバンクとどう戦うか。

バレンティンが一塁へ全力で走ることの意味。

 三木はいう。

「上手くできるかできないかは、選手のレベルがあったり、相手や状況、環境もあるわけですからコントロールできない部分もあります。でも意識を持ってやることは、絶対に自分次第でできることだと思うんです。今何をしなくちゃいけないのか、意識を持つことはできる。そのプレーが完成するかどうかはわからないけど、“意識をすることに手を抜かない”を一番のテーマにした1年間だったなと思います」

 決着がついたCSファイナルステージ第4戦。双方のチームでダブルプレーは一つずつ。

 ヤクルトは先述したバレンティンのもので、巨人は1点を追う7回表1死一、二塁の最大のチャンスにおいて、阿部慎之助が投手ゴロ併殺打に打ち取られた時のものだ。

 その一塁への到達タイムは、バレンティン4.64秒、阿部4.94秒――。

 この差が指す意味は分かるだろう。阿部が悪いのではない。あのバレンティンが必死にチームの徹底事項を意識していたことが、ヤクルトの今季を象徴していたのである。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
真中満
バレンティン
大引啓次
三木肇
雄平
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ