スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

箱根の鍵は1区? 2区? または……。
主導権争い、駆け引きの序盤を読む。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/12/15 10:30

箱根の鍵は1区? 2区? または……。 主導権争い、駆け引きの序盤を読む。<Number Web> photograph by Kyodo News

全日本では駒澤大が4年連続での優勝。大本命の座は揺るがないが、平均タイムなどを見る限り他校にもチャンスは大いにある。

 箱根駅伝の記者発表が12月10日に行なわれ、各大学16人のエントリー選手が発表された。

 毎年、記者発表で注目されるのは、エントリー選手上位10人の10000mの平均タイム。

 今回は平均タイムが28分台の学校が6校あった。順番に並べていくと……。

1 駒澤大学     28分48秒88
2 明治大学     28分49秒8
3 山梨学院大学 28分51秒74
4 青山学院大学 28分52秒57
5 早稲田大学   28分56秒91
6 東洋大学     28分59秒8

「まあ、10000mは記録会で“作られる”タイムだからね……」と、上位6校のうちのとある監督は話したが、この6校がレース展開の鍵を握っているのは間違いない。

1区からふるい落としが始まる高速展開。

 昨年までは早大の大迫傑(現・日清食品グループ)が圧倒的な存在感を発揮し、1区からレースの主導権を握っていた。シード権を狙うある大学の監督は、

「大迫君が卒業して、少しペースが落ちついてくれるといいんだけどなあ」

 と願望を話してくれたが、「そうはならないでしょうね」とも予測していた。

 今回、初優勝を射程距離に捉えている青山学院大の原晋監督は、

「1区からふるい落としが始まるでしょうね。主導権は駒大さんが握っているでしょうから、優勝を狙っているチームはここで先頭争いに加わらないと話にならない」

 と、1区をサバイバルだと表現した。そして、一拍おいてから、

「ウチもなかなか強いよ。楽しみにしていてください」

 と微笑んだ。

【次ページ】 駒大監督「2区が終わった時点での展開が大事」

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

駒澤大学
明治大学
山梨学院大学
青山学院大学
早稲田大学
東洋大学
原晋
渡辺康幸
大八木弘明

陸上の前後のコラム

ページトップ