Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<長嶋巨人、松井秀喜攻略法を語る> 野村克也 「絶対に負けたくない敵だった」 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byDaisaku Nishimiya

posted2013/05/17 06:00

<長嶋巨人、松井秀喜攻略法を語る> 野村克也 「絶対に負けたくない敵だった」<Number Web> photograph by Daisaku Nishimiya
'90年代、松井を主軸に据えた長嶋巨人軍に、大きな壁として
立ちふさがったのが、「ID野球」の野村ヤクルトだった。
稀代の知将が感じた2人の凄み、そしてその攻略法とは――。

 長嶋茂雄と松井秀喜がそろって国民栄誉賞を受賞した。

 野球界では王貞治、衣笠祥雄につづく受賞である。ジャイアンツという人気チームでつねにファンとマスコミの大きな注目を集め、それに応えるプレーを見せてきた長嶋。その長嶋に手塩にかけて育てられ、メジャーリーグでも名門ヤンキースの中心として活躍した松井。国民栄誉賞がどんな基準で与えられるのかは、私などにはわからないが、ふたりの受賞は多くの人が納得するものだろう。

 人づてに聞いたのだが、ふたりの受賞が決まったとき、「残した数字でいうなら野村にも賞を与えてよいのではないか」という声があったそうだ。私自身はとても賞に値するなどとは思っていないが、こうした声をいただけたのは名誉なことだと思っている。

 長嶋が監督として指揮を執り、松井がジャイアンツの中軸に座っていたのは1993年から2001年まで。これは私がスワローズ、タイガースの監督をしていた時期と重なる。

 当時のジャイアンツは松井だけでなく、落合博満、清原和博など他チームの主軸をつぎつぎに獲得し、巨大戦力を作り上げていた。その巨大戦力に戦いを挑み、リーグ優勝4回、日本一3回という成績を残せたことは、私にとって大きな誇りだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3908文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

野村克也
読売ジャイアンツ
長嶋茂雄
松井秀喜
イチロー
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ