フットボール“新語録”BACK NUMBER

未勝利でも、進退問題が出ても……。
風間八宏監督が断固理想を追う理由。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byYusuke Nishizono

posted2013/04/19 10:31

未勝利でも、進退問題が出ても……。風間八宏監督が断固理想を追う理由。<Number Web> photograph by Yusuke Nishizono

4月13日、横浜F・マリノス戦の記者会見で出た「進退問題も出てくるのではないか?」という問いに対して、「僕の仕事は選手とともに前を向いてやっていくこと。進退は僕が決めることではない」と淡々と答えた川崎フロンターレの風間八宏監督。

クロップ監督が選手の前にぶら下げたニンジンとは?

 クロップ体制2年目の2009-10シーズン、開幕戦こそ勝利したものの、ドルトムントは第2節から6試合連続で勝つことができなかった(3分3敗)。悪いことに、その3敗目はライバルのシャルケに喫したもので、ファンの不満も高まった。マリノスに負けたフロンターレの状況と極めて似ている。

 だが、クロップの“ニンジン作戦”でチームは息を吹き返す。

 緊急の短期合宿を行ない、クロップは選手たちに言った。

「残り10試合で、1試合あたりの全員トータルの走行距離が118kmを超えたら、オフを3日間増やす!」

 ハイプレスに必要なのは、選手たちの走力だ。ニンジンを前に選手たちは猛烈に走るようになり、チームのベースが確立された。

 クロップ1年目は6位だったが、2年目に5位になり、そして3年目に優勝を成し遂げた。

 勝てないときにあえて動かないという考え方もある。一方、普段やらないことを起爆剤にするという考え方もある。この結果が伴わない苦しいときに、風間監督が選手たちにどんな言葉をかけ、どんな場を作るのか……それが鍵のひとつになる。

資金もステータスも無いJリーグで、世界と伍せる要素は何か?

 個人的に、風間監督のフロンターレでの取り組みを長い目で評価すべきだと考えるのには、ひとつ理由がある。

 これからJリーグが世界で勝負していくうえで、何が武器になるだろうか? 

 ヨーロッパのトップリーグに世界中の放映権料と資源マネーが集中しており、当面、資金力はJリーグの武器にはならなさそうだ。また、ヨーロッパに渡る日本人選手が増え続けており、ステータスという面でもまだ太刀打ちできない。

 だが、お金をかけなくても、伝統がなくても、大きな武器にできるものがある。

 それは監督のスタイル、およびフィロソフィーだ。

 戦術の進化や創造は、発明に近い。監督の思考次第で、ヨーロッパの最先端の、さらに先に行くことが可能だ。

 こんな攻撃的で、ぶっ飛んだサッカーは、日本でしか観られない――となったら、もっともっとJリーグの熱が高まるはずだ。

 そういう意味でも、ただ勝つだけでなく、新しい発想とともに勝つ監督がJリーグで出現することを個人的に強く望んでいる。

 バイエルンのウリ・ヘーネス会長は、こう言う。

「監督には、勝つだけでなく、フィロソフィーが必要だ」

 風間監督がそういう存在になれるかは未知数だ。だが、独自のフィロソフィーを持っていることだけは間違いない。勝利とフィロソフィーを両立する監督が生まれれば、Jリーグの新たな扉が開く。

関連記事

BACK 1 2 3 4
川崎フロンターレ
風間八宏
中村憲剛
大島僚太
伊藤宏樹
井川祐輔

Jリーグの前後の記事

ページトップ