プロ野球亭日乗BACK NUMBER

つまづきの原因は「2番打者」だけ!?
巨人打線復調の鍵はV9時代にあり。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2012/04/14 08:00

つまづきの原因は「2番打者」だけ!?巨人打線復調の鍵はV9時代にあり。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

31イニング連続無得点に3試合連続完封負けと、球団ワースト記録に並ぶほどの貧打に陥っていた原巨人。思いきった采配が望まれるところである。

 誰が特別に悪かったわけではない。相対的な打撃不振ということだ。

 ただ、あえて一つだけ原因を挙げるとすれば「2番打者」だったのではないか、と思う。

 開幕から不振を極めた巨人打線だ。

 オープン戦で好成績を残したジョン・ボウカー外野手を2番に起用した今年の巨人の開幕オーダー。その起用の狙いを岡崎郁ヘッドコーチはこう説明していた。

「ボウカーの2番が、バントができてというこれまでの2番らしい2番かというとちょっと違うかもしれない。でも、右方向に進塁打も打てるし、バントもできないことはない。何より一番の狙いは1、2番で出塁率を上げていこうという部分にあるでしょう」

 要は出塁率が4割近い1番打者がいれば、2番の役割は「つなぎ」でいい。送りバントやエンドラン、進塁打と状況に応じてケースバッティングができる器用な打者を起用する。まあ、それが日本の野球では当たり前のオーダー編成ということになるわけだ。

ボウカーの攻撃力を期待しての2番での起用だったが……。

 ただ、今年のオープン戦を見る限りでは、そこまで1番の坂本勇人に信頼感がおけなかったということなのだろう。

 だから1番がダメなら2番に安打や四球を期待できる打者を起用する。1、2番をセットで考えて、そのどちらかが塁に出ることを期待する。そしてもし、坂本が先頭打者で出塁すればボウカーが右方向に引っ張ってあわよくば無死一、三塁、悪くても1死二塁でクリーンアップのお膳立てをする。

 そういう考えだ。

 もちろんこの攻撃型1、2番というのはある。メジャーでもそれこそ若き日のAロッド(アレックス・ロドリゲス)がシアトル・マリナーズで2番を打ち、昨年もニューヨーク・ヤンキースでは昨年41本塁打を放ったカーティス・グランダーソンが2番を打った。

 また、巨人でもかつて仁志敏久、清水崇行(隆行)という攻撃型1、2番コンビで成功したこともあったし、このオーダーが決ったときの打線の破壊力は大幅にアップするのも確かだ。

 そういう2番こそが、ボウカー起用の狙いだったというわけだ。

【次ページ】 31打数で2安打1死球の10三振……原監督が動いた。

1 2 3 NEXT
読売ジャイアンツ
ジョン・ボウカー
谷佳知
寺内崇幸
藤村大介
坂本勇人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ