高校野球 

<ライバルを追い続けて>今宮健太「雄星に負けて、僕は変わった」

Sports Graphic Number Special

<ライバルを追い続けて>
今宮健太「雄星に負けて、僕は変わった」

ゴールデングラブ賞5度を誇る名遊撃手で、今年7月3日にはプロ野球史上初めて20代でプロ通算300犠打を達成した今宮健太。しかし、… 続きを読む

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

有料

2020/08/10

花咲徳栄、大阪桐蔭、東海大相模……。今年の夏はリモートブラバン甲子園!

甲子園の風

花咲徳栄、大阪桐蔭、東海大相模……。
今年の夏はリモートブラバン甲子園!

新型コロナウイルスの影響で、全国の学校が春から休校になり、部活も一斉に休みに。“吹奏楽の甲子園”である「全日本吹奏楽コン… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

2020/08/09

清原和博、伝説の決勝を再び見る。「神様がお膳立てしたんだなって」

Sports Graphic Number More

清原和博、伝説の決勝を再び見る。
「神様がお膳立てしたんだなって」

「ああ、これは神様がお膳立てしたんだなって。僕はネクストサークルにいて、松山を見た時から、絶対に打つって思ったんです。清… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

2020/08/08

<反骨の源流>山崎康晃「いつも悔しさを糧にして」

Sports Graphic Number Special

<反骨の源流>
山崎康晃「いつも悔しさを糧にして」

巨大なスタンドに囲まれたグラウンドの真ん中に立つと、華奢な少年の姿はなおのこと小さく見えた。背中には「15」の白布が縫い付… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

有料

2020/08/07

市立和歌山の2年バッテリーが強烈。小園健太と松川虎生の巨大な将来性。

マスクの窓から野球を見れば

市立和歌山の2年バッテリーが強烈。
小園健太と松川虎生の巨大な将来性。

市立和歌山の投手・小園健太、捕手・松川虎生は、「驚きの2年生バッテリー」だった。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2020/08/07

<強豪校ゆえの苦悩>森友哉「連覇の重圧に耐えたから」

Sports Graphic Number Special

<強豪校ゆえの苦悩>
森友哉「連覇の重圧に耐えたから」

騒然とした空気のグラウンドに目をやると、森友哉がダイヤモンドを1周していた。ホームランを打ったようだった。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

有料

2020/08/06

投手だけじゃない文武両道の新鋭校。強打と「万全の準備」で広島の頂点へ。

令和の野球探訪

投手だけじゃない文武両道の新鋭校。
強打と「万全の準備」で広島の頂点へ。

一度火がついた打線は止まらなかった。令和2年夏季広島県高等学校野球大会の準々決勝。武田高校は、甲子園出場春夏通算5回、そし… 続きを読む

高木遊Yu Takagi

2020/08/05

日大藤沢・牧原巧汰はやはりいい。高校No.1捕手が持つ2つの超一流。

マスクの窓から野球を見れば

日大藤沢・牧原巧汰はやはりいい。
高校No.1捕手が持つ2つの超一流。

昨夏、昨秋のプレーぶりを見れば、「高校球界No.1捕手」という位置付けでもぜんぜんおかしくないだろう。そう見込んだ強肩・強打… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2020/08/05

大阪桐蔭の短くて熱い夏が始まった。甲子園の遠さを知る3年生が残す物。

甲子園の風

大阪桐蔭の短くて熱い夏が始まった。
甲子園の遠さを知る3年生が残す物。

現3年生のエース藤江星河は、「中学生の頃は、大阪桐蔭に行けば、何回か甲子園に行けるだろうっていう甘い考えを持っていた」と… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2020/08/04

ドラフト候補の149kmを悠々運ぶ。岐阜一高の2年生、阪口樂は本物だ。

マスクの窓から野球を見れば

ドラフト候補の149kmを悠々運ぶ。
岐阜一高の2年生、阪口樂は本物だ。

いやあ、とにかくビックリした。こんな「怪物」がこんなところにいたとは。良いものを見せてもらった……いや、いただいた。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2020/08/03

横浜高トリオに感じる一流の佇まい。元スーパー中学生はドラフト候補へ。

令和の野球探訪

横浜高トリオに感じる一流の佇まい。
元スーパー中学生はドラフト候補へ。

中学時代に全国大会や侍ジャパンで活躍し、メディアで「スーパー中学生」と呼ばれていた少年たち。そんな精鋭たちばかりが集まる… 続きを読む

高木遊Yu Takagi

2020/08/03

公立でも複数の投手は育てられる。甲子園中止が可能にした新采配。

野球善哉

公立でも複数の投手は育てられる。
甲子園中止が可能にした新采配。

「公立校で複数の投手を育成するのは無理」という定説は、独自大会の開催によって崩れたと言っていい。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2020/08/02

桑田真澄と荒木大輔が甲子園を語る。「勝って帰ってきたら女の子が」

Number Ex

桑田真澄と荒木大輔が甲子園を語る。
「勝って帰ってきたら女の子が」

Number最新号「甲子園特集」特別対談のために、現在日本ハムファイターズで二軍監督兼投手コーチを務める荒木を桑田が訪ねるとあ… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2020/07/30

<スペシャル対談>桑田真澄×荒木大輔「悔しさを誇りに変えて」

Sports Graphic Number Special

<スペシャル対談>
桑田真澄×荒木大輔「悔しさを誇りに変えて」

ともに5季連続出場、春夏を通じて荒木は12勝5敗、桑田は20勝3敗、まさに甲子園の申し子といえる。甲子園のない夏、2人のヒーロー… 続きを読む

石田雄太Yuta Ishida

有料

2020/07/30

『あめつちのうた』人生もグラウンドも整備が大事。阪神園芸が舞台のお仕事小説。

新刊ドラフト会議

『あめつちのうた』
人生もグラウンドも整備が大事。
阪神園芸が舞台のお仕事小説。

湿度が高くなるちょうどこの時期、芝生の香りが濃く広がり、夏芝が青々としてくる。真夏の炎天下、冬の凍り付くような寒さでの作… 続きを読む

市川いずみIzumi Ichikawa

有料

2020/07/28

新時代メンタルコーチの教え/星稜高校「大逆転を引き寄せた“必笑”の仕掛人」

Sports Graphic Number Special

新時代メンタルコーチの教え/星稜高校
「大逆転を引き寄せた“必笑”の仕掛人」

2014年7月27日。夏の高校野球・石川大会決勝戦で星稜が9回裏に8点差をひっくり返し、小松大谷をサヨナラで破った一戦は、今なお… 続きを読む

田口元義Genki Taguchi

有料

2020/07/27

自粛で練習が減ったら球速アップ?この夏、高校野球で起きている事。

野球善哉

自粛で練習が減ったら球速アップ?
この夏、高校野球で起きている事。

まだ全国の統計があるわけではないが、近年は「多すぎる練習量が子供たちの成長を阻害しているのではないか」という説も広がり始… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2020/07/26

ドラフト候補右腕、加藤翼が急成長。「ユウキさん」の指導とエース争い。

令和の野球探訪

ドラフト候補右腕、加藤翼が急成長。
「ユウキさん」の指導とエース争い。

岐阜県中南部の可児(かに)市にある帝京大可児高校。岐阜・中京高、名城大、シダックスでプレーした田口聖記監督のもとで強化を… 続きを読む

高木遊Yu Takagi

2020/07/22

横浜隼人・水谷監督の見果てぬ夢。花巻東に預けた息子・公省と甲子園で。

マスクの窓から野球を見れば

横浜隼人・水谷監督の見果てぬ夢。
花巻東に預けた息子・公省と甲子園で。

みずから望んで親元を離れ、他人のメシを食ってきた3年間の成長ぶりを、その成果を高校野球の「卒業式」として、甲子園で息子・… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2020/07/16

花巻東vs.明桜で見た4人の投手。名門校でさえブランクは大きいのか。

マスクの窓から野球を見れば

花巻東vs.明桜で見た4人の投手。
名門校でさえブランクは大きいのか。

選手たちは今、季節はずれの冬眠から醒めて、一生懸命に今までの記憶と感覚を思い出そうとして頑張っている。2020年・高校野球の… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2020/07/12

ページトップ