高校野球 

佐々木朗希のいない決勝戦。選手たちは納得していたのか。

One story of the field

佐々木朗希のいない決勝戦。
選手たちは納得していたのか。

大差のついた最終回、仲間たちがみんな立ち上がり、身を乗り出して声をからしている中で、佐々木朗希はひとりベンチ奥に腰を下ろ… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

2019/07/26

<覚悟の夏を語る>花巻東・菊池雄星「監督を男にしたかった」

Sports Graphic Number Special

<覚悟の夏を語る>
花巻東・菊池雄星「監督を男にしたかった」

東北勢に初の日本一をもたらすところまであと一歩に迫りながら、涙を飲んだ高校時代。メジャーを目指して過ごした濃密な時間を夢… 続きを読む

石田雄太Yuta Ishida

有料

2019/07/26

PL学園から大阪桐蔭へ――。高校野球の勢力と文化の変化。

Number Ex

PL学園から大阪桐蔭へ――。
高校野球の勢力と文化の変化。

スポーツが描き出す時代のコントラストは鮮明だ。今回、Number高校野球特集で、PL学園と大阪桐蔭という強豪校で3年間を過ごした… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

2019/07/25

<自律の3年間を語る>花巻東・大谷翔平「『楽しい』より『正しい』を。

Sports Graphic Number Special

<自律の3年間を語る>
花巻東・大谷翔平「『楽しい』より『正しい』を。

高校時代から夢見ていたメジャーリーグの舞台で、よもやバッターとして活躍するとは自分でも思っていなかった。すべての道に通じ… 続きを読む

石田雄太Yuta Ishida

有料

2019/07/25

佐々木朗希の「160キロ」を見た。“大谷流”を擁する花巻東にも期待。

“Mr.ドラフト”の野球日記

佐々木朗希の「160キロ」を見た。
“大谷流”を擁する花巻東にも期待。

岩手県大会4回戦、盛岡四対大船渡の一戦でとんでもないストレートを見た。盛岡四は春の岩手県大会準優勝の強豪校、対する大船渡… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2019/07/24

新星扱いに苦しんだ甲子園経験者。スーパー1年生という表現の危険さ。

野球善哉

新星扱いに苦しんだ甲子園経験者。
スーパー1年生という表現の危険さ。

そのフレーズは活躍した1年生すべてに付けられているようだ。全国高校野球選手権大会の地区大会が熱気を帯びてきたここ数日、活… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2019/07/19

清原和博の返信、大切な戦友たちへ。忘れない13本のホームランとバット。

Number Ex

清原和博の返信、大切な戦友たちへ。
忘れない13本のホームランとバット。

僕が皆さんのメッセージを目にしたのは、2016年の夏でした。その年の2月に覚醒剤で逮捕され、留置場で取り調べを受けて、保釈さ… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

2019/07/12

高校の野球部員が減少する一因?「選手が主役」を取り戻すために。

マスクの窓から野球を見れば

高校の野球部員が減少する一因?
「選手が主役」を取り戻すために。

「高校球児が進む大学に、高校から制約が加えられる」話を前回紹介したが、これには“続き”がある。 ご両親とお兄ちゃんの切実… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/07/11

プロも育てた新潟の70歳監督の夢。「野球場をつくれば球児は来る」

甲子園の風

プロも育てた新潟の70歳監督の夢。
「野球場をつくれば球児は来る」

「それをつくれば彼は来る」 とは名作野球映画『フィールド・オブ・ドリームス』の一節。その「天の声」を聞いた主人公は、自身… 続きを読む

田澤健一郎Kenichiro Tazawa

2019/07/10

高校球児のスポーツ推薦に潜む危険。自分の進路を決められない選手たち。

マスクの窓から野球を見れば

高校球児のスポーツ推薦に潜む危険。
自分の進路を決められない選手たち。

もし、こんなことがあったら、どうしますか? そう問われて、思わずうーんと唸ってしまった。難しい質問を投げてきたのは、現職… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/07/09

高校野球の「最高の負け方」って?努力の全てを出した姿勢に拍手を。

マスクの窓から野球を見れば

高校野球の「最高の負け方」って?
努力の全てを出した姿勢に拍手を。

今年も、夏の甲子園予選が始まっている。北海道の各支部予選と沖縄県予選から始まった「第101回全国高校野球選手権大会」の全国… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/07/05

甲子園の応援がコンサートになった!?「ブラバン!甲子園ライブ」誕生秘話。

甲子園の風

甲子園の応援がコンサートになった!?
「ブラバン!甲子園ライブ」誕生秘話。

6月22日(土)の南北海道と沖縄を皮切りに、全国高校野球選手権大会の49代表を決める地方大会が幕を開けた。 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

2019/06/24

高校野球で壊れた選手が絞り出した、「楽しめたのは、高校1年が最後」。

野球善哉

高校野球で壊れた選手が絞り出した、
「楽しめたのは、高校1年が最後」。

いかにも好青年のピッチャーが、答えに窮していた。この春に大学を卒業したばかりの22歳。3月には海を渡ってMLB傘下マイナーのト… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2019/06/22

現在の野球界の民度を信じてみたい。球数制限の方針を学校が宣言しては?

マスクの窓から野球を見れば

現在の野球界の民度を信じてみたい。
球数制限の方針を学校が宣言しては?

「全日本大学野球選手権大会」が神宮球場と東京ドームを会場にして行われている。この大会には、全国からさまざまな野球人たちが… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/06/15

『あと一歩!逃し続けた甲子園』出られそうで出られない。甲子園「悲願校」の涙。

新刊ドラフト会議

『あと一歩!逃し続けた甲子園』
出られそうで出られない。
甲子園「悲願校」の涙。

「優勝できなければ準優勝も初戦敗退も同じ。敗者であることに変わりはない」スポーツの世界でよく耳にするこの言葉を高校野球に… 続きを読む

高木遊Yu Takagi

有料

2019/06/11

高2の佐々木朗希の速球とフォーク。監督にも恵まれた“運”が嬉しい。

“Mr.ドラフト”の野球日記

高2の佐々木朗希の速球とフォーク。
監督にも恵まれた“運”が嬉しい。

今春のセンバツ大会準々決勝が行われた3月31日。多くの速球派ピッチャーが甲子園の大観衆を沸かせていた。習志野の飯塚脩人(3年… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2019/05/29

<大器を育てる指導哲学>球界の港を開く。花巻東・佐々木洋の挑戦。

Sports Graphic Number Special

<大器を育てる指導哲学>
球界の港を開く。
花巻東・佐々木洋の挑戦。

菊池雄星、大谷翔平と二人の現役メジャーリーガーを育てたのは岩手県で高校野球に革命を起こした一人の指導者だった。スケールの… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

有料

2019/05/27

スカウトからは「根尾以上」の声が。桐蔭学園・森敬斗にやきもきする。

甲子園の風

スカウトからは「根尾以上」の声が。
桐蔭学園・森敬斗にやきもきする。

今年のドラフト候補の中で、プロ野球球団のスカウトたちを“やきもき”させる存在がいる。「試合に行っても投げるのか、投げない… 続きを読む

高木遊Yu Takagi

2019/05/24

がんばれ、キャッチャー及川恵介。佐々木朗希の夏は君にかかっている。

マスクの窓から野球を見れば

がんばれ、キャッチャー及川恵介。
佐々木朗希の夏は君にかかっている。

大船渡高・佐々木朗希投手の周辺が“過熱”しているようだ。岩手県の春季大会の地区予選の初戦から球場にファンが詰めかけて、そ… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/05/14

大阪桐蔭時代のライバル投手が贈る、「背番号1」藤浪晋太郎へのエール。

Number PLAYBACK

大阪桐蔭時代のライバル投手が贈る、
「背番号1」藤浪晋太郎へのエール。

2012年8月23日、第94回夏の甲子園決勝。史上7校目となる春夏連覇を目の前にした藤浪晋太郎は、いつもと変わらぬ表情でマウンドに… 続きを読む

谷川良介Ryosuke Tanikawa

2019/05/04

ページトップ