食野亮太郎 

トルシエがU-23日本代表に失望……。「選手達の野心のなさには驚いた」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエがU-23日本代表に失望……。
「選手達の野心のなさには驚いた」

「彼らの監督への最高の応えは、監督が海外組に頼るのは間違いだったと知らしめることだ。選手は森保に対して、自分が何ができる… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/01/18

東京五輪世代の問題点を整理する。出ない声、固まらぬ編成、濃い疲労。

Jをめぐる冒険

東京五輪世代の問題点を整理する。
出ない声、固まらぬ編成、濃い疲労。

まるで伝わって来なかった。黒星スタートになったことへの危機感も、だからこそ2戦目は必勝を期すという気迫も、東京五輪のメン… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

2020/01/13

福西崇史が五輪世代シリア戦に望む、「ネガティブな空気を変える存在」

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が五輪世代シリア戦に望む、
「ネガティブな空気を変える存在」

勝つしかなくなったぶんだけ。試合展開について難しく考えず、割り切れることをプラスに考えてほしい。サウジ戦については当然、… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

サッカー日本代表

2020/01/12

トルシエが一刀両断したサウジ戦。「攻撃面は何もなかった。ゼロだ」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエが一刀両断したサウジ戦。
「攻撃面は何もなかった。ゼロだ」

「何故なら攻撃が十分ではなかったからだ。ゼロと言ってもいい。攻撃面は、本当に何もなかった。シュートもあまりなかった。得点… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/01/10

U-23選手権、ポジション争い構図。東京五輪の18人に生き残るのは誰?

Jをめぐる冒険

U-23選手権、ポジション争い構図。
東京五輪の18人に生き残るのは誰?

これまでメディアに対して「サバイバル」「生き残り」という言葉をあまり発してこなかった森保一監督が、会見やその後の囲み取材… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

2020/01/09

堂安律&食野亮太郎をタフにしたG大阪U-23と、育成リーグへの懸念。

JリーグPRESS

堂安律&食野亮太郎をタフにした
G大阪U-23と、育成リーグへの懸念。

「J3を戦った経験があるからこそ、今の自分がある。練習試合とは全く緊張感が違うので」このリーグで、いい意味での場違い感を醸… 続きを読む

下薗昌記Masaki Shimozono

Jリーグ

2019/11/25

ぶっつけ本番でも光ったDF原輝綺。堂安律、久保建英との連係に高評価。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ぶっつけ本番でも光ったDF原輝綺。
堂安律、久保建英との連係に高評価。

「どこで出るかわからないのは本当に難しい。あまり聞こえは良くないかもしれませんが、ストレスの方が大きかったんです。やっぱ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2019/11/22

堂安律&久保建英か、それとも……。五輪代表、2シャドーというパズル。

Jをめぐる冒険

堂安律&久保建英か、それとも……。
五輪代表、2シャドーというパズル。

指揮官はメンタル面の問題を嘆いたが、その一方で、“ラボ(=実験室)”の色が濃かったのも事実だ。その最たる例が、堂安と久保… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

2019/11/18

ガンバで発展途上の食野がマンCへ。Jを揺るがす黒船の資金力と情報網。

JリーグPRESS

ガンバで発展途上の食野がマンCへ。
Jを揺るがす黒船の資金力と情報網。

世代別代表の経験もなければ、ガンバ大阪でまだ定位置を取りきってもいない21歳にとって、8月最初の1週間はあまりにも激動の日々… 続きを読む

下薗昌記Masaki Shimozono

Jリーグ

2019/09/02

“島流し”状態のガンバ若手を磨く、森下仁志U-23監督の目利きと反骨心。

JリーグPRESS

“島流し”状態のガンバ若手を磨く、
森下仁志U-23監督の目利きと反骨心。

恵まれた環境だけが、人を育てるわけではないことをガンバ大阪の若手が証明し始めている。ハングリーさと反骨心――。森下仁志監… 続きを読む

下薗昌記Masaki Shimozono

Jリーグ

2019/06/04

ページトップ