Jをめぐる冒険BACK NUMBER

東京五輪世代の問題点を整理する。
出ない声、固まらぬ編成、濃い疲労。

posted2020/01/13 20:00

 
東京五輪世代の問題点を整理する。出ない声、固まらぬ編成、濃い疲労。<Number Web> photograph by Kyodo News

先制を許し、追いつきながらも攻撃が停滞し、試合終盤に決勝点を被弾。サウジアラビア戦と同パターンで負けているようでは……。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 まるで伝わって来なかった。黒星スタートになったことへの危機感も、だからこそ2戦目は必勝を期すという気迫も、東京五輪のメンバーに生き残るという強い覚悟も……。

 タイで行なわれているU-23アジア選手権に参戦中の若き日本代表は、サウジアラビア戦に続いてシリア戦でも1-2と敗れ、カタールとの最終戦を残し、まさかのグループステージ敗退に追い込まれた。

 しかも、軽率なミスからPKを与え、ゲーム終盤に逆転を狙って攻勢に出たところでカウンターを食らうパターンは初戦と同じ。サウジアラビア戦の教訓を本当にチーム全体で共有できていたのか。

 U-23アジア選手権は2014年から2年に一度開催されてきたが、日本がグループステージで姿を消すのは、これが初めて。A代表のアジアカップ、五輪代表のアジア大会、U-19アジア選手権、U-16アジア選手権と、各年代のアジアのコンペティションに広げてみても、グループステージ敗退は2006年、反町ジャパンが参戦したドーハでのアジア大会まで遡らなければならない(このときだって2勝していた)。

コーチの声しか聞こえないアップ。

 今大会は東京五輪アジア最終予選を兼ねている。各国は出場権獲得を狙って死にもの狂いで戦っている。一方、日本は地元開催のため、オリンピックの出場権はすでに手中に収めている。

 何かを懸けて戦っているチームと、負けても失うもののないチーム。この戦いは簡単ではないが、その差を埋めるために、どう働きかけていくのか――。

 大会が始まる直前、森保一監督にそう訊ねると、指揮官はきっぱりと言った。

「生き残りが懸かっている。選手たちのモチベーションが低いとか、ないとかはあり得ないと思います。相手がどうこうではなく、東京五輪に向けて、その先に向けて思いを持って、志を持って、戦ってくれると思っている」

 ところが、どうだろう。

 見られた限りの練習の雰囲気は物静かで、野心に、闘志に溢れているようには感じなかった。試合前のアップは特に顕著で、ピッチサイドで撮影していたカメラマンは「コーチの声しか聞こえない。こんなに声が出てないことも珍しい」と嘆いていた。

【次ページ】 欧州組が急増し、招集に困難が。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森保一
相馬勇紀
渡辺剛
齊藤未月
食野亮太郎
中山雄太
前田大然
安部裕葵
山口瑠伊
小久保玲央ブライアン
堂安律
久保建英
冨安健洋
三好康児
板倉滉
伊藤達哉
菅原由勢
岡崎慎
上田綺世
松本泰志
大迫敬介
町田浩樹
森島司
橋岡大樹
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ