メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

ドジャース1年目「いつクビになるか…恥ずかしいですが何回か泣きました」「不安そうだった家族の顔が」斎藤隆が味わった“地獄から天国” 

text by

間淳

間淳Jun Aida

PROFILE

photograph byTomosuke Imai

posted2024/07/07 17:01

ドジャース1年目「いつクビになるか…恥ずかしいですが何回か泣きました」「不安そうだった家族の顔が」斎藤隆が味わった“地獄から天国”<Number Web> photograph by Tomosuke Imai

06年、ドジャースのクローザーを任された斎藤隆。しかしその胸中は、いつ職を追われるかもしれないという不安だらけだったという

 ベイスターズで投げていた頃はファウルにされていたスライダーが、米国ではフライや空振りになったという。メジャー1年目に記録した107奪三振はリリーバーとしては両リーグトップ。イニング数78回1/3を大きく上回る驚異的な奪三振率だった。

 投手有利のカウントを整える研究も怠らなかった。

 長打を狙うタイプの打者の多くは、得意なゾーンの近くに投球を仕留められないゾーンがあった。斎藤は試合前、各打者のファウルゾーンを映像で繰り返し見ていた。

「これだなと思いました」

どんなにアウトや三振を積み重ねても、喜びは一瞬だけ

 ファウルでカウントを稼いで、大きく変化するスライダーで打ち取る必勝パターンを確立したのだ。確固たる地位を築き、チームからは絶大な信頼が寄せられた。ところが、斎藤から不安が払しょくされることはなかった。常に危機感でいっぱいだったという。

「クローザーまで上り詰めた感覚はシーズンを通じて全くありませんでした。心の中にあったのは、いつクビになるのかという不安だけです。自分がいるところはメジャーのエッジで、常にギリギリ。どんなにアウトや三振を積み重ねても、喜びは一瞬だけで、次の瞬間には『あす打たれたらクビになるかもしれない』という気持ちになりました。チャンスなのかピンチなのか感覚がおかしかったですね」

いつクビになるのか…不安は抜けなかった

 試合を締めると、投手コーチから「great job」と声を掛けられる。

 今思えば、祝福や賛辞の言葉と100%疑う余地がない。チーム内では斎藤が登板すれば試合に勝てる安心感から、「サミー(斎藤の愛称)に回せ」が合言葉となった。だが、斎藤は仲間の言葉を素直に受け入れられない。自分の活躍を報じるテレビを見ても、どこか違う世界のようで頭や心に落とし込めなかった。

「褒め言葉がワナにも思えてしまうんです」

 当時の心境を表現した斎藤は、こう続ける。

【次ページ】 いつクビを切られるのか…その延長線上で

BACK 1 2 3 4 NEXT
斎藤隆
ロサンゼルス・ドジャース
エリック・ガニエ
サンディー・アロマー・ジュニア

MLBの前後の記事

ページトップ