メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

ドジャース1年目「いつクビになるか…恥ずかしいですが何回か泣きました」「不安そうだった家族の顔が」斎藤隆が味わった“地獄から天国” 

text by

間淳

間淳Jun Aida

PROFILE

photograph byTomosuke Imai

posted2024/07/07 17:01

ドジャース1年目「いつクビになるか…恥ずかしいですが何回か泣きました」「不安そうだった家族の顔が」斎藤隆が味わった“地獄から天国”<Number Web> photograph by Tomosuke Imai

06年、ドジャースのクローザーを任された斎藤隆。しかしその胸中は、いつ職を追われるかもしれないという不安だらけだったという

 安定した投球を続ける斎藤に対する首脳陣やチームメートの信頼は増していく。8回、9回を任された投手陣が崩れたこともあり、5月中旬にはクローザーに座るまでになった。

「段々、みんなから認められていくのが分かりました。初勝利を挙げた時、控え捕手のサンディー・アロマー・ジュニアに『Welcome to Big League』と声をかけられました。恥ずかしいですけど、ドジャースでの1年目は何回か泣きました」

直球とスライダーでほぼすべてのアウトを

 斎藤は野球人生の崖っぷちから、メジャー屈指の投手へと一気に駆け上がった。動画サービス「Number PREMIER」に出演した際、成功した要因の1つに日本と米国のボールの違いを挙げている。

「自分が投げていたスライダーは変化が大きいタイプでした。米国のボールは空気抵抗が大きく、日本の時と同じように投げていても曲がりが大きくなりました」

 近年はドジャース大谷翔平投手のスイーパーが注目されているが、斎藤のスライダーは球速85マイル(約137キロ)前後で大きく曲がった。直球は日本でプレーしていた頃より肘の位置を低くして、球速は常時95マイル(153キロ)前後を計測。ドジャース2年目の2007年には、当時の日本人最速となる99マイル(159キロ)を記録した。

「直球は上から投げるとボールが浮くので、肘の位置を低くしました。スライダーが直球の軌道から曲がるように、それだけをずっと磨いていました。1年目は相手チームに自分の情報がないので、ほぼ全てのアウトを直球とスライダーで取っていました」

斎藤が「これだな」と思った瞬間とは

 斎藤は米国と日本の打者に「ポイントの違い」を感じていた。

 メジャーの打者は投球を捉えるポイントが投手側で、日本人打者の方がポイントは捕手に近いとみていた。

【次ページ】 斎藤が「これだな」と思った瞬間とは

BACK 1 2 3 4 NEXT
斎藤隆
ロサンゼルス・ドジャース
エリック・ガニエ
サンディー・アロマー・ジュニア

MLBの前後の記事

ページトップ