メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

ドジャース1年目「いつクビになるか…恥ずかしいですが何回か泣きました」「不安そうだった家族の顔が」斎藤隆が味わった“地獄から天国” 

text by

間淳

間淳Jun Aida

PROFILE

photograph byTomosuke Imai

posted2024/07/07 17:01

ドジャース1年目「いつクビになるか…恥ずかしいですが何回か泣きました」「不安そうだった家族の顔が」斎藤隆が味わった“地獄から天国”<Number Web> photograph by Tomosuke Imai

06年、ドジャースのクローザーを任された斎藤隆。しかしその胸中は、いつ職を追われるかもしれないという不安だらけだったという

「『great job』と言われると『ヨシっ』と思うのですが、自分の裏側にある不安との乖離が大きくなりました。今振り返っても、言葉に敏感になり、自分の感情の起伏が激しいシーズンだったと感じています」

 斎藤はメジャー1年目、シーズンで72試合、さらにプレーオフでも2試合登板した。シーズン終盤にベンチのメンバーを見ると、開幕当初のロースターと半分ほどが入れ替わっていた。斎藤を含めてマイナーから選手が這い上がり、実績のある選手もメジャーで居場所を失っていた。

 斎藤が語る。

「いつクビを切られるのか、その延長線上でずっとやっていました。クローザーになっても不安は抜けなかったですね」

不安そうだった家族の顔が全然違っていました

 シーズン終了後、斎藤は家族が待つ日本に帰国した。空港でマスコミやファンに迎えられ、記者会見の場が設けられていた。海を渡った時は、ドジャー・スタジアムに記者が3人ほどしかいなかった。わずか1年で激変した。そして、家族の表情も1年前と変わっていた。

「不安そうだった家族の顔が全然違っていました」

 夢をかなえた実感が、ようやく湧き上がった。

つづく

#3に続く
「野茂英雄さんの存在が大きい」大谷翔平・山本由伸も…斎藤隆が知るドジャースの“日本的な人情”「スタッフに本気で怒られた」深い理由

関連記事

BACK 1 2 3 4
斎藤隆
ロサンゼルス・ドジャース
エリック・ガニエ
サンディー・アロマー・ジュニア

MLBの前後の記事

ページトップ