Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ロストフの教訓とは]吉田麻也「“14秒”からの1605日」

posted2022/11/18 07:02

 
[ロストフの教訓とは]吉田麻也「“14秒”からの1605日」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

4年前、自身初の決勝トーナメント進出を果たしても悔しさばかり感じた。キャプテンとなった今も、ロストフでの痛恨の記憶が鮮明に残っている。8強入りを懸けたベルギーとの死闘で、日本代表は何を学んだのか。どうすれば“14秒”を防げたのか。その教訓とともに、カタールへ向かう。

〈Maya Yoshidaさんが入室しました〉

 東京とドイツをリモートでつなぐ。パソコンの画面に映し出された日本代表主将は、鼻の下に“謎”のチューブをつけていた。

「あ、これ? リカバリーのために水素を吸引しているんです」

 A代表デビューしたのは、2010年のこと。かつての若手有望株も34歳になった。この年齢でブンデスリーガと代表戦の過密日程を戦い抜くには、体調維持が不可欠だ。食事、睡眠、休養も。特にこの4年間、コンディションを高めるためのあらゆる知識を貪欲に学んだ。3年前には肺炎を患って体調を崩したことをきっかけに、小麦粉類やミルク類とも「縁を切った」。

「水素にしても、グルテンフリーにしても、生活に何を取り入れる・排除すると考えたときに、判断基準となるのは『W杯の期間中に同じことをやるか』ってことです。例えばドイツとの初戦3日前の夕食で、デザートとしてプリンが出たとします。そのとき僕は食べるかな、いや食べないな、とか。それを考えて判断する」

 徹底した自己管理をずっと続けてきた。すべては2018年7月2日にやり残したことを、成し遂げるためだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3541文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

吉田麻也
ロメル・ルカク
ティボー・クルトワ
三笘薫
ロシアW杯
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ