JリーグPRESSBACK NUMBER

日本サッカーはあの“14秒”を思い出せ。
欠ける批判精神と「逃げる」文化。

posted2019/05/03 11:30

 
日本サッカーはあの“14秒”を思い出せ。欠ける批判精神と「逃げる」文化。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

J1第7節、FC東京vs.鹿島アントラーズの得点シーンでロストフでの“苦い”シーンを思い出した。

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 サッカーは相対的なスポーツ。ゴールが決まれば決めた側をほめてもいいし、決められた側を批判してもいい。

 称賛と批判のさじ加減は国によっても異なり、とくにイタリアのような戦術にうるさい国になると、ゴールに狂喜乱舞しながらも、直後「ちょっと待った!」の声が上がる。

「ちょっと待ってくださいよ。この守りはまずいですよ」

 このように必ず問題提起がなされるのだ。そして果てしない議論が始まる。

 ゴールが生まれるところにミスあり――。

 これがイタリア人の思考。とはいえヨーロッパや南米の国々には、イタリアほどではないものの一定の批判精神があり、称賛一辺倒になることはない。

日本にはない批判精神。

 日本はどうだろう。

 ゴールが決まると、決めた側をほめて終わり。「ちょっと待った!」の声が上がることは、まずない。

 それはひとつには、サッカー報道の量が少ないからだ。代表戦ならいざ知らず、Jリーグになると地上波ではゴールダイジェストが流れるくらい。検証、分析、意見交換をしている時間はない。

 限られた時間の中では、決めた側をほめるのが無難なのだ。そうすれば、チームや選手にきらわれることもない。

 ただ、こういう報道を四半世紀続けていれば、やがてミスをミスだと見抜けなくなる。もちろん私は、自戒の念を込めて本稿を書いている。

 とはいえ最近、私も「ちょっと待った!」といいたくなるゴールがあった。

【次ゴール】 東京vs.鹿島戦の失点シーン。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

FC東京
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ