Jをめぐる冒険BACK NUMBER

ユベントス留学から帰国した中田英寿の“変貌”…岩本輝雄がベルマーレを去った理由と、仙台での復活「ベガルタで引退したかった」

posted2022/04/08 17:03

 
ユベントス留学から帰国した中田英寿の“変貌”…岩本輝雄がベルマーレを去った理由と、仙台での復活「ベガルタで引退したかった」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

高卒ルーキーながらすぐにチームの中心選手としてプレーした中田英寿。岩本はユベントスへの短期留学が中田を変えたと当時を振り返る

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

#1に引き続き、岩本輝雄氏のインタビューをご覧ください(全3回の2回目/#1#3へ)。

「湘南の暴れん坊」と呼ばれたベルマーレ平塚は1994年のニコスシリーズ(2ndステージ)で2位に躍進した勢いをそのままに天皇杯で優勝し、Jリーグ初参戦のシーズンを締めくくった。

 その年のベストイレブンにはベッチーニョと名塚善寛が選出され、新人王には田坂和昭が輝いた。さらに、岩本輝雄と名良橋晃が日本代表デビューを飾るなど、ベルマーレ旋風の巻き起こったシーズンだった。

 そんなタレント揃いのチームで翌95年、なんと高卒ルーキーがポジションを掴みとる。

 93年のU-17世界選手権に出場した中田英寿である。

 シーズンの幕開けを告げるゼロックススーパーカップで中田は途中出場してデビューを果たす。

「スーパーカップのときは、そこまで凄いとは思わなかったな。ただ、中田が中盤に入ったことで、俺が左サイドバックに戻って。中田はよく動くし、何かが違ったんだよね」

 その何かが岩本の中ではっきりと理解できたのは、Jリーグ開幕から約1カ月後に行われた、20歳以下の世界選手権であるワールドユースだった。

 U-20日本代表の中心選手だった中田は、カタールで開催されたこの大会に出場していた。

 その試合をテレビで見て、岩本は軽い衝撃を覚える。

「裏への飛び出しのタイミングが抜群なんだよ。足が速いわけではないのに、ボールを引き出してシュートに持ち込んで。今ではそういう選手は多いけど、当時はあまりいなかった。しかも、両足で蹴れるでしょ。それで、こいつ、すげえなって」

 スルーパスの出し手のイメージが濃い中田だが、この頃はパスの受け手として優れた才能を発揮していた。

「実際、ベルマーレでも1年目から8点取ったよね。中田はミドルシュートもいいものを持っていた。ペナの外から打っても全部入りそうな感じがしたもんね。そのあたりは、ちょっと違うなと」

ユベントス短期留学から帰国した中田

 もっとも、岩本の中で5歳下の青年の印象が決定的に変わるのは、翌シーズンを迎えてからだ。

「中田は1年目が終わったあと、ユベントスに短期留学に行ったんだ。そこから人が変わったように喋らなくなって、黙々と筋トレをし始めた。あいつ、68キロくらいだったんだけど、7、8キロ増やしたから『重くないの?』って聞いたら、『重いけど、慣れたらやれるし、これくらいにしないと(世界では)やれない』と言うわけ。キラーパスって、味方も取れないようなスピードのパスを出すようになったのも、あいつの中で基準ができたんだろうね」

【次ページ】 一方の岩本は…「バチン!」自慢の左足から衝撃音

1 2 3 4 NEXT
岩本輝雄
中田英寿
ベルマーレ平塚
京都サンガ
ハンス・オフト
黒崎久志
森保一
山田隆裕
川崎フロンターレ
ヴェルディ川崎
ベガルタ仙台
清水秀彦
名波浩
藤田俊哉
澤登正朗
三浦知良
名良橋晃
野口幸司
名塚善寛
田坂和昭
小島伸幸
ジーコ
ニカノール

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ