欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「男として惚れた」と選手も心酔! クロップ、グアルディオラ、トゥヘル……メガクラブで成功した名将たちに共通する能力とは?

posted2021/11/06 17:00

 
「男として惚れた」と選手も心酔! クロップ、グアルディオラ、トゥヘル……メガクラブで成功した名将たちに共通する能力とは?<Number Web> photograph by Getty Images

なぜ彼らは選手の信頼を集め、結果を残すことができるのか。メガクラブを率いる3人に見る名将の条件とは?

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 おしゃべりが好きで明るい人がいれば、口数が少なくてひとりを好むタイプもいる。

 近頃は「がんばれよ」と肩を叩けばセクハラを指摘され、「もっとしっかりしろ」と語気強く接すると、パワハラだと騒がれる。いやはや、人付き合いは難しい。

 その昔、プロ野球の世界で監督と選手の間で事件が起きた。とある超有名な監督が、「バント屋はいないか、バント屋は!?」。そして彼は、走攻守三拍子そろった人気選手を指名する。

 当日はベンチだったものの、サードとレフトを高いレベルでこなし、内野手でも外野手でもゴールデングラブ賞を獲得した名手のプライドは、いたく傷ついたという。

 選手の心情に配慮を欠いた典型的な一例であり、現代の世相に照らし合わせれば、パワハラと認識されるのかもしれない。

公の場で選手を批判し求心力を失ったモウリーニョ

 こうしたアクシデントは、フットボールの世界でも頻発している。

 近年ではジョゼ・モウリーニョ(現ローマ監督)が、チェルシーでメディカルスタッフのエヴァ・カルネイロを、マンチェスター・ユナイテッドではポール・ポグバとルーク・ショーを公の場で批判し、求心力を一気に失った。

 また、ウナイ・エメリ(現ビジャレアル監督)はアーセナルを率いていた当時、自らのプランに合わないメスト・エジルを徹底的に干して物議をかもした。

 戦略・戦術に明るく、チームの根幹を創る能力に長け、柔軟性に富み、若手の起用にも積極的であることなど、名監督の条件には複数の項目が挙げられるが、コミュケーション能力も必要不可欠だ。

 天上天下唯我独尊を決め込み、「我こそがいちばん尊い人間だ。背中を見てついてこい」では、いまどき通用しないし、SNSで笑われる。

 より選手目線で接する術が求められている。

【次ページ】 チームを去った選手たちもクロップを批判しない

1 2 3 NEXT
ユルゲン・クロップ
トーマス・トゥヘル
ジョゼ・モウリーニョ
ペップ・グアルディオラ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ