ラグビーPRESSBACK NUMBER

「勝てるところまできていたので…」SO松田力也の悔しさは本気の証 〈世界3位に善戦〉も日本代表に欠けていた“規律”とは 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2021/10/25 17:01

「勝てるところまできていたので…」SO松田力也の悔しさは本気の証 〈世界3位に善戦〉も日本代表に欠けていた“規律”とは<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

試合をコントロールし、オーストラリアとの接戦を演出した松田

 ポジティブな評価もしている。「キックとランを使って速いラグビーができたときは、すごくいい部分がたくさんあった」と話すが、「ただ、ペナルティ17回とイエローカードが出てしまうと」と表情を曇らせるのだ。後半途中にレメキがイエローカードを受けて一時退場となり、その間にトライを奪われている。他でもない自分たちで自分たちを追い詰めたことが、敗戦を招いたとJJは言っているのだ。

 逆説的に言えば、自分たち次第で勝つことのできた一戦である。接戦を評価する質問を受けた稲垣啓太は、「負けたので全然いいゲームではないんですけどね」とやんわりと否定し、「それは選手全員が思っているはずですし、負けたことをしっかり受け止めています。勝つために準備をしていたので、いいゲームではなかったと思います」と続けた。

もはや目標は善戦ではなく勝ち切ること

 31歳のプロップの意見に、松田も同意する。

「3位のオーストラリア相手にやりあえたことで、自分たちのプレーを自信を持ってやれば十分に戦える試合だったと思いますし、ホントに勝てるところまできていたのですごく悔しいです」

 戦いのレベルが上がるほど、ディテールが勝敗を分ける。細部にこだわり、突き詰め、相手よりミスを減らしたチームが、最終的に勝利をつかむのだ。稲垣が言う。

「反則が多かったですね。最低でもひとケタに抑えないと、難しいと思います。ホントにシンプルな問題なんですけど、シンプルゆえに負けているということなので、もっとディシプリンを選手全員に刷り込んでいかないといけないですね」

 ティア1と呼ばれる世界のトップ・オブ・トップが相手でも、自分たちのストロングポイントを発揮すれば互角の勝負に持ち込める。JJが率いる日本は、この試合を善戦とは捉えていない。W杯でベスト8の高みを見たチームの視座は、ファンよりも、メディアよりも、高い。

 強豪に何とかして食い下がるのではなく、勝ち切るために何ができるのか。何をしなければいけないのか。11月のヨーロッパツアーで、我々はジャパンの本気度に触れることになるはずだ。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
ジェイミー・ジョセフ
松田力也
田村優
稲垣啓太
レメキ ロマノ ラヴァ
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ