SCORE CARDBACK NUMBER

《ラグビー新リーグのチーム名が長すぎる》問題…「トヨタヴェルブリッツ」に“地域名”(必須事項)は入っていると言えるのか?

posted2021/11/01 06:00

 
《ラグビー新リーグのチーム名が長すぎる》問題…「トヨタヴェルブリッツ」に“地域名”(必須事項)は入っていると言えるのか?<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

最後のTLで9位のNTTコミュニケーションズシャイニングアークスは、末尾に「東京ベイ浦安」をつけて改称

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 長すぎる。区別がつかない。一貫性がない……。散々な評判である。トップリーグにかわり来年1月に開幕する「リーグワン」の各チーム名のことだ。10月4日に行われた日程発表会見。待ちに待った発表だが、日程表を見ても、肝心の対戦カードが全然頭に入って来ない。

 チーム名になじみが薄いのはやむを得まい。Jリーグ誕生時も、最初は当惑の声も多かった。だが慣れるのに時間はかからなかったし、そこには理念があった。企業名を入れず、メディアは地域名で、ファンは愛称で呼ぶ。一部オーナーからは反発もあったが、そことの戦いでリーグの掲げる理念はむしろ広く周知された。

 対してリーグワン。チーム名には「地域名は入れる。企業名は入れても可」とされたが、地域名に似て非なる会社の略称をそのまま入れているチームが複数あるのは解せない。

 象徴は「トヨタヴェルブリッツ」。リーグワンの東海林専務理事は「トヨタも地域名という認識です」と話したが、ならせめて「豊田」とするべきだ。メディアは原則として地域名を略称として報じるが、地域名を入れず社名を冠したチームだけが宣伝効果で得をするのはズルいし、メディアがそれを手伝うのも違うと思う。不義が通れば他もマネるだろう。その片棒は担ぎたくない。無論チーム名が豊田になればそう表記したい。

長いチーム名ばかりになった背景には…

 長いチーム名が多い背景は分かるつもりだ。新リーグ設立にあたり地域性、社会性と向き合ったチームは複数の自治体と協力を模索した。「東京ベイ」を名乗った2つのチームはそれぞれ千葉県の都市名を入れた。たくさんの要素が詰め込まれたチーム名は、真摯な姿勢の反映ともいえる。

 だがこれは逆効果だ。メディアの間ではすでに、どうチーム名を出さずに書くかという工夫が始まっている。読者に届けたいのは情報でありスペースは有限なのだ。

 当欄は苦肉の策として、企業名抜きの略称を6文字以内で考え、1部12チームを開幕節対戦順に並べてみた。船橋―埼玉、東葛―横浜、東京サン―東京ルーパス、神戸―浦安、ヴェルB―静岡、大阪レッド―東京ラムズ。いかがでしょう? 実はすでに一定期間後の改称を見越しているチームもあるという。だったらどうぞ早めに、極力短く、イメージの湧く名に。その連鎖を切望する。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

トヨタヴェルブリッツ

ラグビーの前後の記事

ページトップ