Jをめぐる冒険BACK NUMBER

久保建英や堂安律は順当、三笘薫も選出 “サプライズなしの18人”は五輪サッカー歴代最強の陣容…GKから1トップまで起用法をいち早く考察 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byMasahiro Ura

posted2021/06/22 17:10

久保建英や堂安律は順当、三笘薫も選出 “サプライズなしの18人”は五輪サッカー歴代最強の陣容…GKから1トップまで起用法をいち早く考察<Number Web> photograph by Masahiro Ura

U-24ガーナ戦のスタメン11人は全員五輪代表メンバー入りした。サプライズがなかった中で陣容を考察すると……

 事前合宿からチームとともに活動し、7月12日と17日に予定されているU-24ホンジュラス代表、U-24スペイン代表との国際親善試合には出場可能。さらに、本大会が終了するまでチームに同行し、大会中に負傷者が出た場合はバックアップメンバーから追加登録が可能なのだ。

 それゆえ、この22人が東京五輪代表チームと考えるべきだろう。

複数ポジションをこなせる中山、旗手、板倉、橋岡

 それでは各ポジションを見ていこう。

 GKでは19年からこのチームの守護神を務めてきた大迫敬介と、20年シーズンに湘南ベルマーレでポジションを掴み、急成長を遂げた谷晃生が選ばれた。

 6月シリーズのジャマイカA代表戦ではポテンシャルを秘めた18歳の鈴木彩艶が後半の45分間に起用されたが、最終的には現時点での実力やこのチームにおける実績、Jリーグでの経験が重視された。

 ディフェンスラインでは、オーバーエイジの吉田と酒井に加え、負傷のために6月シリーズを途中離脱した冨安健洋が選ばれたのはひと安心だ。

 左サイドバックには、このチームで長らくボランチを務めてきた中山雄太が入るだろう。

 中山の左サイドバック起用はこのチームではU-24ガーナ代表戦しか試していないが、昨年10月のA代表のコートジボワール戦でもテスト済み。もちろん、U-24ホンジュラス代表戦、U-24スペイン代表戦でも連係が図られるに違いない。

 中山は3バックの左やボランチもこなせるため、4-2-3-1から3-4-2-1、4-3-3への移行もスムーズにできそうだ。

 旗手怜央は左サイドバックと2列目をこなせる器用さが武器。旗手が左サイドバックとして起用された場合は、攻撃的なシフトと言っていい。田中碧、三笘薫との"川崎フロンターレトライアングル"も期待できる。

 旗手が2列目に入る場合は、右利きのアタッカーとして貴重な存在となる。レフティの堂安、久保、三好とはプレーのリズムが異なり、相手を困惑させること請け合いだ。

 板倉滉はセンターバックとボランチで、橋岡大樹は右サイドバックとセンターバックでプレーできる。とりわけA代表のキャップ数5を数える板倉は、オーバーエイジの参戦によってサブに回る可能性が高いが、レギュラー陣と遜色ない実力の持ち主と言える。

【次ページ】 シドニー、ロンドン世代以上に歴代最強だからこそ

BACK 1 2 3 4 NEXT
遠藤航
吉田麻也
酒井宏樹
堂安律
久保建英
橋岡大樹
三笘薫
三好康児
林大地
田中碧
板倉滉
旗手怜央
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ