スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

「早稲田ファンからため息も…」慶応、明治、早稲田の“最新勢力図” ラグビー大学選手権の本命は?

posted2020/12/18 17:02

 
「早稲田ファンからため息も…」慶応、明治、早稲田の“最新勢力図” ラグビー大学選手権の本命は?<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

11月23日の早慶戦。前半、突進する慶応・鬼木崇。試合は22対11で早稲田が勝利した

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Sankei Shimbun

 Knockout stage is coming!

 ラグビーの大学選手権は、いよいよ負けたら終わりのノックアウトステージを迎える。

 今季はコロナ禍の影響で活動が制限されていた大学が多く、時期によって完成度にバラつきがあった。ただし、ひとつの敗戦を次戦への糧としている大学が多く、「学習能力」が勝敗を分けそうな気配がしている。

早慶戦敗北も…“上り調子”の慶応

 その観点から、今季の慶応義塾大学はかなり魅力的だ。

 11月23日の早慶戦に11対22と敗れたが、12月6日の帝京戦では後半48分に劇的な逆転トライを決め、30対25で帝京を寄り切ってしまった。そして1週間後の大学選手権3回戦では、京都産業大相手に危なげなく勝利を収めた。

 早慶戦の敗因は、11月のコラムでも書いたが、敵陣22mに入ったときのラインアウトからの得点率の低さにあった。早慶戦では22m内でのマイボールラインアウトからの得点割合は5分の1。

 バックスの得点能力が高いとは言えない状態で、敵陣深い位置でのマイボールラインアウトは慶応にとっての生命線である。しかし早稲田にうまく対処されたこともあり、得点に結びつけることが出来なかった。

 ところが、帝京戦で慶応は驚異の学習能力を見せた。

【次ページ】早慶戦での反省から“正しい”練習へ

1 2 3 4 NEXT
早稲田大学
慶應義塾大学
明治大学

ラグビーの前後の記事

ページトップ