SCORE CARDBACK NUMBER

試合数減の特殊なシーズンに光を放った大東大の猛タックル。~大学ラグビーの今季~

posted2020/12/19 07:00

 
試合数減の特殊なシーズンに光を放った大東大の猛タックル。~大学ラグビーの今季~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

大東大の猛タックルを流経大・内山監督は「素晴らしい。最初からそれをやれよと思いました」と苦笑交りに称賛

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

「守っても仕方ないですから」と田中澄憲監督は言った。

 12月6日の早明戦。前半21-7とリードした明大は、後半のスタートからWTB石川貴大に替えて齊藤大朗を投入。53分にその齊藤が、後半最初の得点となるトライをあげる。

「リザーブは(先発の)選手が疲れたときのためじゃなく、いつでも出せる力を持っていますから」

 負傷者が出たら選手が足りなくなるかもしれないが、そんなリスクは覚悟の上。手持ちのカードは全部使う。言葉の裏にそんな決意が覗いた。

 コロナ下で行われた今季の大学ラグビー。予定通りに試合ができるかは誰にも分からなかった。実際に明大は慶大に敗れた翌週、出直し試合として臨むはずだった日体大戦が、相手校にコロナ感染者が出てしまい、貴重な試合の機会を失ってしまった。そんな経験も、腹を括った攻めの采配につながった気がする。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 555文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

箱根駅伝 ベストチームを探せ!

Sports Graphic Number 1017

箱根駅伝 ベストチームを探せ!

 

関連記事

大東文化大学

ラグビーの前後の記事

ページトップ