甲子園の風BACK NUMBER

慶大応援指導部OBが見る『エール』。
『紺碧の空』『我ぞ覇者』の誕生秘話。 

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph byHirotaka Yokomizo

posted2020/06/09 07:00

慶大応援指導部OBが見る『エール』。『紺碧の空』『我ぞ覇者』の誕生秘話。<Number Web> photograph by Hirotaka Yokomizo

神宮球場での慶應義塾大の応援風景。壇上中央が4年生の時の近藤雄介氏。選手と観客を結びつけるものこそ「応援」であり、「応援歌」である。

「新しい応援が生まれるとしたら、まさに今年」

――「エール」の応援部シーンは昭和の良き時代でしたが、平成を経て令和になり、さらには新型コロナウイルスの影響で、これからの応援部のあり方も変わってくるのでしょうか。

「はい。『新しい生活様式』は、応援にも当てはまると思うんです。

 肩を組んだり、大きな声を出したりと、まさに『三密』を売りにしていた応援部にとって、今は知恵の出しどころです。新しい応援が生まれるとしたら、まさに今年だと思います。

 もし、早稲田が新しい応援を思いついたら、今度は慶應が思考を巡らせる番になります。

 はたして、令和の応援部員たちは、どんな応援を企むのか。

『若き血』、そして『紺碧の空』とともに脈々と受け継がれてきた『応援部の心』に期待しています」

関連記事

BACK 1 2 3 4
古関裕而
古関金子
早稲田大学
慶應義塾大学
明治大学
近藤雄介

大学野球の前後の記事

ページトップ