甲子園の風BACK NUMBER

慶大応援指導部OBが見る『エール』。
『紺碧の空』『我ぞ覇者』の誕生秘話。

posted2020/06/09 07:00

 
慶大応援指導部OBが見る『エール』。『紺碧の空』『我ぞ覇者』の誕生秘話。<Number Web> photograph by Hirotaka Yokomizo

神宮球場での慶應義塾大の応援風景。壇上中央が4年生の時の近藤雄介氏。選手と観客を結びつけるものこそ「応援」であり、「応援歌」である。

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph by

Hirotaka Yokomizo

 放送中のNHK連続テレビ小説「エール」。阪神タイガースの応援歌『六甲おろし』や、夏の甲子園でおなじみの『栄冠は君に輝く』など、約5000曲もの作曲を手がけた昭和を代表する伝説の作曲家・古関裕而と妻・金子の生涯を描いた物語だ。

 第8週の「紺碧の空」では、タイトル通り早稲田大学の応援歌『紺碧の空』が誕生。昭和2年に発表された慶應義塾大学の応援歌『若き血』に圧倒され、早慶戦で苦戦を強いられていた早稲田の応援部が、「『若き血』に対抗できる応援歌を」と古関に作曲を依頼。昭和6年に完成した。

 同曲が出来上がるまでの過程を、“永遠のライバル”である慶應義塾大学応援指導部OB(正式表記は「應援指導部」)はどう見ていたのだろうか。

 高校時代から応援指導部に所属し、平成25年度慶應義塾大学応援指導部リーダー部責任者で、東京六大学応援団連盟常任委員も務めた近藤雄介氏に聞いた。

慶應の『若き血』というとんでもない応援歌。

――ついにドラマの中で『紺碧の空』が完成しましたが、慶應義塾大学応援指導部出身として、どのような思いで見ていましたか。

「自分が当時の応援部員だったらどう思ったかと、感情移入して見てしまいました。ある日突然、慶應が『若き血』というとんでもない応援歌を作り出してしまった。応援は完全に慶應のペース。

 早稲田はどうする。

 焦る。

 思考を巡らせる。

 ならば対抗する歌を作ろうと、歌詞を募集し、古関氏に作曲をお願いしに行く。なかなか仕上がらず、今か今かと待ちわびる。そしてついに、あの『紺碧の空』が完成する。噛みしめるように、声高らかに熱唱する瞬間の喜びが、あの歌うシーンに詰まっていたのだと、感慨深く見ていました」

【次ページ】 「慶應の応援指導部に入りたい一心で受験勉強を」

1 2 3 4 NEXT
古関裕而
古関金子
早稲田大学
慶應義塾大学
明治大学
近藤雄介

大学野球の前後のコラム

ページトップ