JリーグPRESSBACK NUMBER

フロンターレが新型4-3-3に着手中。
「超アグレッシブ」な変化の要点。

posted2020/02/18 11:00

 
フロンターレが新型4-3-3に着手中。「超アグレッシブ」な変化の要点。<Number Web> photograph by Getty Images

5-1のスコアを聞くと川崎らしい攻撃力爆発、というイメージだ。ただし長谷川竜也のゴールに、2020年に目指す方向性が垣間見える。

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 いつ、誰が、どこに、どのように走るのか。

 ルヴァンカップ開幕戦となった川崎フロンターレ対清水エスパルス戦。

 川崎の選手たちは、まるで“次の一手”が用意されているかのように、序盤から清水ゴールに襲い掛かっていった。

 タイムアップの笛が鳴るまでに揺らしたゴールネットは5回。試合を通じて放ったシュートは18本である。特に11本のシュートを記録した前半は圧巻で、被シュートはわずか1本に抑えている。今季から新しく導入した4-3-3システムが機能し、“一方的に”と表現していいほど川崎が攻守に支配し続けた前半だった。

前線と中盤の6人で圧力をかける。

 何が、変わったのか。

 最初に目を引いたのは、ボールの奪い方だ。

 4-3-3と言っても、守備の時には両ウィングが2列目に落ちて4-1-4-1のシステムで構えるスタイルもある。だが川崎の場合は、前線の3人が距離感を保ちながら中央から圧力をかけていき、そこに中盤の3人もうまく連動しながらボールを奪うスタイルと言える。

 ピーター・クラモフスキー新監督のもと、ビルドアップを構築している最中だった清水に対して、前線と中盤の6人で猛然と圧力をかけてボールを奪うと、そこから面白いようにシュートまで持ち込んでいった。

 アンカーで起用されている田中碧は、守備の変化についてこう振り返る。

「自分たちの狙いは、高い位置でボールを奪ってゴールを決めること。崩して決めることはなかなかできないですし、そうなった時にショートカウンターで決めるのが一番簡単ではある。そういう意味で、自分を含めた前の6人で、どうやってボールを取るのかが大事になるかなと思います」

【次ページ】 長谷川竜也のゴールに見えるもの。

1 2 3 4 NEXT
川崎フロンターレ
田中碧
脇坂泰斗
長谷川竜也

Jリーグの前後のコラム

ページトップ